広告リンク

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになる働き方があるみたい

フリーランスエンジニアって稼げるらしいけど、年収1000万いけるのかな?

独立しようと思っているけど、年収が気になるので知りたい。

この記事では、「フリーランスエンジニアが年収1000万を目指すことができるのか」と、その方法をお伝えします。

  • 年収1000万稼ぐフリーランスエンジニア
  • 年収が上がらないフリーランスエンジニアの特徴

 

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニア

会社員エンジニアがフリーランスエンジニアになる前提です。

もしも、未経験からフリーランスになるならこちらを御覧ください。

未経験からだと、いきなり1000万狙えるわけではありません。

常駐型フリーランスで1000万狙える

フリーランス向け求人サイトに無料登録して、常駐・月収80万~で検索。
(都会案件が高め)

複数の求人サイトに登録するのが鉄則。

稼ぐフリーランスエンジニア向けおすすめ求人サイト

 

  • ギークスジョブ ※定番の大手IT系、単価高め、常駐型メイン、業界実績15年以上、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制が強み

 

 

  • Midworks ※安心保障がある。フリーランスの独立をサポート。関東1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)対象

 

求人サイトは、企業案件と、登録した経験・スキル・実績に基づいてマッチングします。
自分の市場価値が低いと最悪案件が流れてこないなんてことも・・・。

ちょっと焦ります。

それでも、会社員エンジニアをしていた人なら、経験・スキル・実績があるので市場価値も高いはず、登録して確認してみましょう。

 

企業と直接契約して桁違いに稼ぐ

フリーランスエンジニアで桁違いに稼ぐ方法は、これ。

企業と直接契約。

注意:求人サイトを経由して受注したことがあるような企業に直接契約を求めるのはルール違反です。紳士的な振る舞いではありませんので嫌われるでしょう。新規開拓が必要です。

フリーランスエンジニアになりたては考えなくていいんですが、慣れて順調になってきたら年収アップを検討します。

直接契約するには、フリーランス(個人事業主)だと契約できないことが多いようです。
特に、上場企業や大手の会社だとコンプライアンスの観点から法人になっていないとダメなことがあります。

  • ある期間運営している法人
  • 決算書が提出できる
  • 赤字でない

こんなことが求められるようです。

焦らなくてOK。
エンジニアとして際立った知識や能力が認められるようスキルアップ・経験・実績を積むことが近道で、市場価値が上がれば直接契約も可能になります

 

人材の仲介をして稼いで事業化

フリーランスエンジニアをしていたら、仕事案件が溢れ出して他のフリーランスエンジニアに助けてもらった。

こんなふうに、受注案件を一人でこなせなくなるほど舞い込んでくるなら、いっそのこと仲介をしてしまえばいい。

自分が求人サイトをやるようなものです。
情報をお金にして稼ぎます。

フリーランスエンジニアも人によっては、仕事案件に困っている人もいますので橋渡しをする仕事です。

つまり、手数料ビジネスです。(いわば、不正でないピンハネ)

1件10万でマッチングすれば、10人/月で100万の収入になります。
もはや、フリーランスエンジニアではないですね。

順調になれば事業として立ち上げることもできます。

  • 人脈を作るのが得意
  • コミュニケーションが好き
  • 知り合いにすぐなれる

こんな人ならフリーランスエンジニアをやりながら試してみたほうがいいです。

 

年収が上がらないフリーランスエンジニアの特徴

フリーランスエンジニアになっても年収が上がらない人もいます。
特徴がありますので、説明します。

  1. コツコツ働くフリーランスエンジニアは上がらない
  2. 自由を求めるとそんなに稼げない
  3. 下請け(協力)フリーランスエンジニアを続けてはだめ

1、コツコツ働くフリーランスエンジニアは上がらない

「食べていけない」わけではないですが、年収がアップしていかない人もいます。

ビジネススキルを上げていかないと会社員と同じ時間の切り売りになってしまいます。

ビジネススキルとは

 

  • コミュニケーション力
  • 交渉力
  • 信頼
  • マネジメント

実はこんなスキルが年収アップに繋がります。

プログラミングができれば仕事ができますが、年収は頭打ち。

「フリーランス(個人事業主)=経営者」という意識を持って仕事をしていきましょう。

2、自由を求めるとそんなに稼げない

「フリーランス = 時間と場所にとらわれない自由な働き方」

半年働いて、残りは海外。
こんな人もいます。

これはこれでOK。

稼ぐことを目標としているのではなく、自由を得るためのフリーランス。
会社員なら首になってしまいますが、フリーランスなら問題なし。

自由に飽きたら稼ぎのフリーランスになればいい。

3、下請け(協力)フリーランスエンジニアを続けてはだめ

自分で受注するのが怖い。

こんなフリーランスエンジニアだっています。
知人のフリーランスのお手伝い(下請け)で案件をこなしている。

最初はこれでもいいですが、ずっとこのままじゃ稼げない。

独り立ちしてください!

まとめ:年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになる働き方があるみたい

※常駐型フリーランスで1000万狙える
 ⇒高単価を貰える求人サイトを選ぶ

 

※企業と直接契約して桁違いに稼ぐ
 ⇒焦る必要なし。市場価値が上がれば直接契約も可能

 

※人材の仲介をして稼いで事業化
 ⇒自分が求人サイトをやるようなもの手数料ビジネス

 

※年収が上がらないフリーランスエンジニアの特徴
 ⇒コツコツ働く、自由を求める、下請け(協力)

 

フリーランスエンジニアで稼ぐなら求人サイトで仕事案件を選ぶだけ。

いい環境です。

さらに年収アップの道もあるので、焦らずビジネススキルを身に付けていきましょう。

 

稼ぐフリーランスエンジニア向けおすすめ求人サイト

 

  • ギークスジョブ ※定番の大手IT系、単価高め、常駐型メイン、業界実績15年以上、案件探し~案件参画後までの手厚い専任サポート体制が強み

 

 

  • Midworks ※安心保障がある。フリーランスの独立をサポート。関東1都3県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県)対象

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm