【仕事がない稼げない】フリーランスエンジニアが復活する3つの方法

05/19/2020

フリーランスエンジニアになったけど仕事がない・稼げない。

「これからどうしよう」

この記事では、【仕事がない稼げない】フリーランスエンジニアの復活方法をお伝えします。

フリーランスエンジニアが復活する3つの方法

3つあり、

  1. フリーランス向け求人サイトに登録
  2. ポートフォリオを作ってメール営業
  3. 一度辞めてプログラミング学習ー>就職ー>フリーランス復活

 

ひとつづつ見ていきましょう。

1、フリーランス向け求人サイトに登録

準備しないで「今日からフリーランス」って始めると、仕事がない、稼げないフリーランスになる可能性が高いです。

 

でも、フリーランスエンジニアなら今は追い風なので「求人サイトに登録」するだけで仕事案件が流れてきます。

自由にやっていきたいから求人サイトなんか使わない。
それに手数料とられるし。

こんなふうに考える人もいるかもしれません。
でも、求人サイトで案件をこなし実績を積むと、その後いいことがあります。

 

自分の市場価値が上がってくるので、そこから営業する。
この辺りを説明してますので御覧ください。

フリーランスエンジニアになりたてで仕事がないなら求人サイトを使うべきです。
その後、慣れてきたら自分のやり方でやればいいだけです。

最初からリスキーなことをやると心が折れます。

 

2、ポートフォリオを作ってメール営業

営業します。

ただし、メールを送りまくるだけ。
考えられるだけ調べまくって100社ぐらいメールを送ります。

 

直接IT系企業にメールを送る

ブログでプロモーション資料を予め発信しておきます。

制作会社に「自己アピールしつつ」案件が受注できないか問い合わせましょう。
メールには「ポートフォリオ」を必ず添付しましょう。

 

ポートフォリオ(自分の仕事成果一覧のまとめ) 「スキルと経験はこんなふうです」って証明する目的です。
仕事案件を依頼してくれる可能性がある人向けの「プロモーション」資料。

選り好みしないで案件をこなして実績を作っていけばいいです。
案件をこなしたら自分のポートフォリオに追加します。

メール送信は、PCだけでできます。
100社くらい出せば、2~3社くらいは何かしらのアクセスが見込めます。
数で稼ぎます。

 

3、一度辞めてプログラミング学習ー>就職ー>フリーランス復活

求人サイトでいい案件が受注できないなら、あなたの市場価値が低い可能性があります。
「経験・スキル・実績」と「仕事案件」には比例関係があり、特に実績がないと良い案件が流れてきません。

そんなときは、スキルアップと実績を積むためにプログラミング学習からやり直します。

プログラミング学習
 ↓
就職して経験と実績を積む
 ↓
フリーランスエンジニア復活

回り道になりますが、スクールでプログラミングを学習することをおすすめします。
なぜなら、独学より早く、他の人が読めるコードが書けるようになるからです。

プログラムって動けばいいだけでなく、後でメンテができるように他の人が読めるようにしておく必要があります。

ぐちゃぐちゃなコードを書くようだと仕事案件が来なくなります。

 

フリーランスに急いで復活するためには、プログラミングスクールから就職まで早いのがいいです。条件がありますが、費用が無料で就職支援付きの【ウズウズカレッジ】 は超おすすめ。

東京を中心とした「プログラミングスクールで完全無料」なのは

 

  • 【ウズウズカレッジ】  
    ⇒条件は10~20代で東京に通える人、第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートなど就職/転職希望者、新規の参加
  • アイスタキャンプ
    ⇒条件は20代〜30代前半の男女、プログラミングに興味がある人、初心者からエンジニアに転職を目指している人、新規の参加
  • GEEK JOB
    ⇒条件は、~29才まで、大学/大学院を卒業、一都三県(主に東京)で就職、、正社員としての勤務経験があり経験社数が2社以内、日本国籍、新規の参加

 

ウズウズカレッジは、プログラミング学習をして就職支援を受け、東京で就職。

 

 

フリーランスエンジニアが【仕事がない稼げない】理由

仕事がない、稼げない理由はこんなところ。

  1. そもそも準備不足
  2. プログラミングに自信がある
  3. 忙しすぎ、でもたいして稼げてない

1、そもそも準備不足

準備や実績が足りないでフリーランスエンジニアになると仕事案件にありつけない。

今どきのフリーランスエンジニアは求人サイトを利用すれば営業なんてしなくても仕事案件が得られるはず。

なのに困っている。

  • 実績不足だと求人サイトでもなかなかいい案件が流れてこない。
  • プログラミングスクールを卒業したけどどうしたらいいかわからない。
  • 「今日からフリーランスエンジニア」思い切って会社を辞めたけど何をしていいかわからない。

こんな人がたくさんいます。

 

※プログラミングスクールを卒業したけど稼げないのは、実績不足、詳しくは「プログラミングスクール後にフリーランスがすぐ稼げない理由は・・・」で説明していますので御覧ください。

※会社員からフリーランスになるなら準備とタイミングが大切。この辺りのことは「フリーランスエンジニアが独立するのにおすすめなタイミングとは?」で説明してますので御覧ください。

 

2、プログラミングに自信がある

もっと受注すれば稼げますよ。

プログラミングは誰にも負けない自信があるので、フリーランスになってガッツリ稼ごう

こんな人

優秀なんだから、ちょっと交渉すればもっと稼げるのにもったいない。

仕事案件にあふれたら、他の下請け(フリーランスの協力者)に流せばいい。
そうすれば、お金と時間が増えます。

 

3、忙しすぎ、でもたいして稼げてない

忙しいけど稼げてない。

典型的な安案件受注。
昔の言葉で「貧乏暇なし」

 

このままだと辛くなるし、描いていたフリーランスと違うので継続できなくなります。
思い切ってフリーランスを一度中止して再就職してみるのもあり。

経験・スキル・実績が積めたら、再スタートするのもいいかも。

 

まとめ:【仕事がない稼げない】フリーランスエンジニアが復活する3つの方法

※フリーランスエンジニアが復活する3つの方法

  1. フリーランス向け求人サイトに登録
  2. ポートフォリオを作ってメール営業
  3. 一度辞めてプログラミング学習ー>就職ー>フリーランス復活

まず求人サイトに登録して仕事を探してみましょう。
実力や実績が足りないなら、プログラミング学習から始めます。

やってみると簡単ですよ。
とにかく動き回ることです。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm