残業の少ない業界・仕事・職種ランキング!あなたの会社は?【保存版】

09/01/2020

残業時間の少ない業界ってどこなのかな・・・

「毎日残業、やんなっちゃう。帰っても時間なんてないので寝るだけ。いつまで続けていくんだろう・・・残業が少ないところに転職したい」

悩める~

 

この記事では、残業が少ない業界や職種をランキングで紹介します。「残業が少ない」メリットもお伝えしますよ!

こんな人に向けて書いています。

  • 長時間残業で悩んでる人
  • 残業が少ない仕事に就職・転職したい人
  • 残業が少ない業界・職種を知りたい人

最後まで読むと、「残業が少ない業界・職種」がスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

残業が少ない業界ランキング!

2019年3月に、会社の口コミ投稿サイト「キャリコネニュース」が発信した「残業の少ない業界ランキング」は以下のようです。

1位なのが「空運」業界って想像できませんよね、2位の「繊維製品」業界の半分です。

10.3時間は、平均残業時間なので、職種によってはばらつくのでしょうが素晴らしいですね!

ひとつづつみていきましょう!

1位「空運業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、

バニラ・エア株式会社 平均0時間/月
ジェットスター・ジャパン株式会社 平均0時間/月

0時間はすごいですね!

他も0ではないですが、少ないです。

全日本空輸株式会社(ANA)平均6.1時間/月
日本航空株式会社(JAL)平均16.3時間/月
スカイマーク株式会社 平均平均6.1時間/月
株式会社ソラシドエア 平均4時間/月

 

2位「繊維製品業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、

株式会社デサント 平均20時間/月
片倉工業株式会社 平均0時間/月
ヒロタ株式会社 平均7時間/月
株式会社ワールドストアパートナーズ 平均7.6時間/月

 

確かに少ないです。

3位「ガラス・土石製品業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、3位「ガラス・土石製品業界」の有名企業は以下のようです。

TOTOはトイレで有名、LIXILもいろんなところで見かけます。

 

3位「石油・石炭製品業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、同じく3位似ランクインしたのが「石油・石炭製品業界」です。

出光興産株式会社 平均38.5時間/月
RSエナジー株式会社(Showa Shell Sekiyu KK)平均8時間/月
ENEOS株式会社 平均16.3時間/月
東燃ゼネラル石油株式会社 平均23.3時間/月

出光だけ多いけど、他は少なめですね。

 

5位「リース・消費者金融・クレジットカード・信販」

消費者金融って聞くと「ヤバッ」というイメージしかないけど、働くことを考えると悪くないかも。

アコム株式会社 平均16.2時間/月
三菱UFJニコス株式会社 平均19時間/月

意外と少ないですね!

 

6位「医薬品業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、6位荷ランクインしたのが「医薬品業界」。

アステラス製薬株式会社 平均12時間/月
協和キリン株式会社 平均16.4時間/月
エーザイ株式会社 平均18.1時間/月

アステラス製薬株式会社の口コミでは、繁忙期以外は定時退社を目指すようにと、上司の配慮があるようです。

 

6位「化学業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、同じく6位にランクインしたのが「化学業界」です。

株式会社コーセー 平均4.1時間/月
旭化成株式会社 平均19.2時間/月
株式会社カネボウ化粧品 平均2時間/月
花王株式会社 平均26.1時間/月

有名な会社がたくさんありますが、平均残業時間もバラバラですね。

 

8位「水産・農林業界」

水産・農林業界は、8位にランクイン。水産物・農産物加工、木材生産などの企業ですね。

マルハニチロ株式会社 平均10時間/月
ホクト株式会社 平均7時間/月

有名な企業でも残業時間少ないですね。

 

9位「銀行業界」

キャリコネの平均残業時間を見ると、9位に「銀行業界」がランクインしています。

イメージ的には銀行って残業が多いと思っていましたが、少ないみたいですね。

株式会社三菱UFJ銀行 平均24.3時間/月
株式会社みずほ銀行 平均26.3時間/月
株式会社三井住友銀行 平均26.3時間/月
株式会社りそな銀行 平均27.8時間/月

今、銀行業界は生き残りをかけて必死になっているはず、テクノロジーの進歩に翻弄される業界でもあります。

もしも、銀行への就職・転職を考えているなら、「生き残れる銀行」を選ばないと将来がないです。

デジタルネイティブ世代によるフィンテック企業と対抗していかなければ「生き残れない」と言われています。

 

10位「小売業界」

10位に入ったのが「小売業界」です。

株式会社しまむら 平均0.5時間/月
株式会社東急ハンズ 平均10.5時間/月
株式会社高島屋 平均10.8時間/月

しまむらは特に少ないです。これほどなのに10位ということは、同じ業界でも残業が多いところがあるということですね。

株式会社ファミリーマート 平均28.2時間/月
株式会社ファーストリテイリング 平均28.2時間/月
株式会社セブン-イレブン・ジャパン 平均31.3時間/月

残業時間が長い会社が、やっぱりありますね!

会社によって大きく差があるようです。
就職や転職する時は注意してくださいね。

残業が少ない仕事(職種)ランキング!

転職サイトの「doda(デューダ)」が15,000人にアンケートした結果から「残業の少ない職種」をまとめたのが以下になります。

  職種 残業時間/月
1位 美容関連職(理美容/エステ/マッサージ) 10.3時間
2位 営業事務・アシスタント 11.1時間
3位 生産・製造・プロセス開発(医療系) 11.4時間
4位 医療事務 13.6時間
5位 経理事務・財務アシスタント 14.8時間
6位 総務アシスタント 15.4時間
7位 金融事務 15.4時間
8位 一般事務・アシスタント 15.6時間
9位 銀行(個人向け) 15.9時間
10位 貿易事務 16.0時間

こうみると、事務系の仕事が10位以内に6つも入っているのが見逃せません!

事務系の仕事ってどの業界にもある仕事なので、残業時間を考えるなら外せませんね。

 

残業が多い仕事(職種)ランキング!

ちなみに同じ「doda(デューダ)」が15,000人にアンケートした結果から「残業の多い職種」をまとめたのが以下になります。

  職種 残業時間/月
1位 設備施工管理(建築・土木) 41.6時間
2位 建築施工管理(建築・土木) 36.7時間
3位 食品/消費財メーカー(営業) 35.9時間
4位 プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連) 35.2時間
5位 ITコンサルタント(アプリ) 34.4時間
6位 土木施工管理(建築・土木) 34.2時間
7位 総合商社(営業) 34.0時間
8位 設計監理(建築・土木) 32.6時間
9位 店長 32.3時間
10位 法務アシスタント 32.0時間

10位までを見ると、建築・土木系が4つもあります。


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

残業が少ない仕事のメリット

残業ってないほうがいいですよね。

残業が少ない仕事のメリット

  • プライベートな時間が持てる
  • 疲れが溜まりにくい
  • 仕事帰りに買い物や用事ができる。
  • ワークライフバランスが保てる

仕事が終わって帰宅してから時間があるっていいですよね。残業が多いと、帰って食事して入浴して寝るだけ~です。

残業が少ないと疲れが溜まりにくいので、休日も朝から元気に生活できます。残業多かったら休日は疲れを癒やす日になってしまいます。

残業が多い会社から少ない会社に転職すると、別世界、別の楽しい人生になったりします。

 

でも、残業があったほうがいいという人もいます。
早く帰るよりも稼げる「生活残業」を希望する人がいるのも実情。

そんな人にとって残業が少ないのはデメリットかも?

残業が少ない業界・職種に転職して楽しい人生に!

ここまでで、どんな業界・職種が「残業が少ない」のかスッキリしたと思います。

残業が少ない会社で数十年働くのと、多い会社で働くのではトータルで大きな差がつきます。

残業残業で毎日が仕事漬け人生で終わるか、残業が少ない会社で自分の時間を楽しみつつ人生を送るか。

もしも、今、残業が多く仕事漬けで楽しくないなら、この記事の内容を参考に「残業が少ない業界や職種」への転職を考えてみることをおすすめします。

 

働き方改革で残業の上限が設けられた!!罰則もある。

 

残業減らすには作業スピードじゃない!


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm