【邪道全部入り】きつね・たぬきうどんそばのレシピを紹介!うまい!

04/14/2020

2人前の「きつね・たぬきうどんそば」の作り方をご紹介します。

一度にうどんそばが味わえるんです!!

実際に食べている、安くて、簡単でよくばりな「めん」の作り方をご紹介します。

食材調達:

ドラッグストア「くすりのアオキ」で1袋20円(税込み)以下のうどん2袋(使うのは1袋と半袋)、そば1袋、ちくわ1本を半分にして2人分、油揚げ1枚を半分にして2人分

↓業務スーパーの山菜。芋づるが多いみたいですけど、安いので惜しみなく使える!山菜って普通は高いのね⇒(楽天で見る

↓山菜は、塩分が付いたつゆに入っていますので、予め水につけて塩分を抜きます。業務スーパーの山菜は、1袋で大量(2人前x5回分程度)なので、1回に使う2人前を、ボールとザルに入れて2回水を替えます。しょっぱさが抜けたらOKです。

↓普通のスーパーで買っている、めんつゆ「亻:にんべん」の「つゆの素」がおすすめ

↓だしは4種類を順番に使っています。スーパーの売出しで購入。⇒(楽天で見る

↓だしの内袋。1回に使うのは、内袋半分の量

その他、長ネギ、七味、ごまはお好みで、私は入れます。

スポンサーリンク

きつね・たぬきうどんそばの作り方

2人前を作る量です。

つゆは、めんつゆ100ml + 水700ml きっちり。

T-falのラーメン鉢と同じ程度の大きさの鍋を使用。T-falは、取っ手が着脱できるので洗いやすいのと、フタが透明なので中が見えるのがいいですね!セットで購入して数年ごとに買い替えてます。(楽天で見る

↓めんつゆには、だしも入っているのですが、追加します。めんつゆは薄めにして、だしで味わいます。沸騰する直前にだしを半袋入れます。

↓その直後、沸騰し始めた瞬間に、うどん1袋半投入。

↓再沸騰を待つ間、ラーメン鉢に袋から出した「そば1袋」をはしで上下させ、空気にさらしてほぐし、温度も同時に同化させる。

↓うどんが沸騰した瞬間。

スポンサーリンク

↓間髪入れず、そば投入。そばと、うどんは混ぜない。

↓すぐに、油揚げをそばの上に移動。

↓再沸騰したらすぐに火を止める。

↓盛り付け開始。油揚げを最初に。

↓次に、そばを均等に。

↓うどんをそばの上に均等に。

↓つゆを均等に。

スポンサーリンク

↓トッピング開始、まずたっぷり山菜を投入。業務スーパーの山菜安い!!

↓ちくわ投入。

↓長ネギきざみ投入。

↓業務スーパーの揚げ玉、投入。

↓ゴマと七味投入して、完成。そばと、油揚げは、一番下にあるので見えません。

↓実際に食べるときは、掘ってそばと、うどんの食感を味わいます。

↓めんつゆ薄め、だしで味をつけているので、つゆも美味しく完食します。

 

以上、きつね・たぬきうどんそばの作り方でした。

 

 

 

生活

Posted by cosm