【退職までの期間】法律では2週間だけど就業規則1ヶ月を優先なの?

05/09/2021

退職までの期間ってあったの・・・

退職ってすぐできないんですね~。就業規則を確認したら「辞めます」って伝えてから一定期間経たないと辞められないみたい。転職先の入社日もあるからしっかり確認しなくちゃ。

めんどう~

 

この記事では、「退職までの期間」、退職を伝えるベスト・タイミングなどをお伝えします。

こんな人に向けて書いています。

  • 退職を伝えたい人
  • 退職を伝えるタイミングを知りたい人
  • みんなどうしているか知りたい人

最後まで読むと、「退職を伝える」ベストなタイミングがわかり、すっきりします!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『退職』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

退職届・退職願・辞表ダウンロード

自己都合退職、会社都合退職

退職後の失業保険

退職理由の伝え方

退職と退社の違い

退職時の返却物・受け取る書類

退職時のボーナス・有給消化

退職後の保険証&健康保険

退職後の手続き

それぞれの退職 知っておきたいこと

退職までの期間

退職引き止め

無料で資料請求できます!

退職までに必要な期間 法律・就業規則どちらを優先?

 

退職までに必要な期間は法律で決まってます。でも、会社の就業規則では法律の期間よりも長いことが多いです。

どうすればいいのでしょうか?

 

法律 > 会社の就業規則

 

法律のほうが優先されます。

ただし、円満退社のためには「退職までの期間が長い」就業規則を守ったほうが良いです。

引き継ぎとかありますからね。

 

法律(民法)では2週間前の届け出でOK

民法627条により、「労働者はいつでも退職を申し出ることができ、申出から2週間経過することによって、雇用関係が終了する」となっています。

法律で決まっているのでわかりやすいですね。

 

ただし、民法628条によると、雇用期間が契約によって定められている場合、原則として、労働者はその日まで退職することができません。
ただしやむを得ない事情がある場合は、退職することができます。

契約社員だと契約期間の終了まで退職できないんですね!

 

会社の就業規則では30日が一般的

法律で2週間って決まってるけど、会社の就業規則で多いのは「退職日の30日前までに退職を伝える」というルールが多いです。

2ヶ月とか3ヶ月なんていうところもあるみたいです。

転職を考えたら、すぐに自分が働いている会社の就業規則を確認です!

転職先の内定が出てから、就業規則を確認して「3ヶ月前」ってあったら慌てますよね。

転職先が内定後に待ってくれる限界は3ヶ月程度が一般的と言われているので、ギリギリすぎます。

 

最悪、法律の2週間で退職することも可能ですが、乱暴なやりかたになりますので、誰にも歓迎されません。

 

新卒で3年以内に3割が退職する理由を知りたい人は、こちらの記事を参考に!

 

「退職届」、「退職願」どっちを出すの?

就業規則に書いてある場合は悩みませんが、「退職届」、「退職願」普通はどちらを出すのでしょうか?

退職届:退職を通告するための書類。
退職願:退職をお願いする書類、会社が受理か却下します。

会社ごとにどちらを出すか決まっているので、就業規則にない場合は上司に退職を伝えたとき聞いてみましょう。

伝えるだけで手続きが進んで、「退職届」、「退職願」のどちらも必要ない会社もあります。

退職を伝えるタイミング【重要】

 

退職を伝えるタイミングで気になるのは

ボーナスをちゃんともらえるか?

です。

それと、できれば円満退社にしたいですよね。

退職を伝えるタイミングとボーナス支給に注意

ボーナスを確実にもらうには、ボーナス直後に退職を伝えるのがベストなタイミングです。

退職予定日をボーナス支給日の後にしても、会社によっては先に退職を伝えた時点で減額されてしまう可能性もあります。

ボーナスは支給義務が法律で決まっているわけではないのです。ですが、ボーナスを支給する会社は、ボーナスの内容を就業規則に記載することが労働基準法で決まってます。退職時のボーナスの扱いは就業規則に書かれているはずです。

普通の会社だと退職予定日がボーナス支給日の後なら満額もらえるのが普通ですが、そうでない会社もあるようです。

ですので、退職を伝えるのは、ボーナスが支給された直後が間違いないのです!!

 

退職のタイミングで満額もらえないどころか減額や返却まである?ヤバいです、下の記事を読んで知っておきましょう。

 

円満退社には繁忙期を避けるべき

繁忙期で会社が忙しい時に「退職します」って切り出されると会社としては困ってしまします。

ひとり抜けることで仕事が回らなくなることがあり、上司や同僚に大きな迷惑を掛ける事になり円満退社とはならないです。

どうしても、転職先の入社日が迫ってきている場合などでなければ、繁忙期の退職は避けるべきです。

辞めていく会社ではありますが、仕事のどこかでこれからも関わるかもしれません、円満退社したいですね。

 

転職先が待ってくれるのは3ヶ月が一般的

転職先が待ってくれるのは、内定を出してから3ヶ月が一般的です。それ以上伸びると、最悪内定取り消しになることもあるので注意です。

内定を出してくれた転職先企業は一日も早く入社してくれることを期待してます。

これから先長く働く会社ですので、希望に沿うよう早く入社したいですね。

ですので、内定が出たらすぐに退職を伝え、手続きを進めましょう。

 

転職をするなら、転職の流れを理解しておくべき、スケジュールを考えないと失敗する可能性あり!


今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※「非公開求人20万件」、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

退職届のタイミングは30日前が多い

 

退職を伝えるのは、退職前2週間より前と法律で決まっていますが、就業規則によくある30日前が多いみたい。

実際、もっと前でもいいんですけど、引き継ぎと有給休暇の消化を考えると自然とこのくらいになります。

有給休暇が持ち越しを含めてMAXの40日もある人ならかなり早くに消化しておかないと使いきれません。

転職エージェントとの相談や、転職先企業との面接などで有効に有給休暇を消化していきましょう。

 

↓もしも、しつこい「退職引き止め」をされたら思った通りの退職ができなくなる可能性があります。対処法を予め知っておきましょう。

まとめ:退職すると決めたら就業規則をすぐ確認!

法律で退職前2週間と決まっているけど、引き継ぎや有給休暇を考えると2週間前じゃ足りないのが実情。さらに、一般的な就業規則だと退職前30日が最短となります。

余裕を持って退職を伝えたいですね!

 

なかなか言い出せない「退職」どうしたらいいかまとめてます。


今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※「非公開求人20万件」、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm