【転職・中途採用の筆記試験対策】実施率は51%【問題例あり】重要度は?

01/03/2021

転職中途採用って筆記試験があるのかな・・・

うわっ、筆記試験!転職の中途採用で・・・あるの? 筆記試験のない会社に応募したい。どうしたらいいのか教えてほしい。

筆記試験ってヤバい~。

 

この記事では、実施率51%といわれる採用時の筆記試験の種類、問題例と対策をお伝えします。気持ちが落ち込むかもですが最後まで読み進めてみて!

こんな人に向けて書いています。

  • 転職をしようとしている人
  • どんな筆記試験なのか、あらかじめ知りたい人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、採用時の筆記試験の内容と対策がわかり、転職成功にむけて準備できます。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『転職活動の有利な進め方』関連記事 合わせて読みたい!

 

転職活動の有利な進め方!
 転職に『成功する人と後悔する人』の違い!考え方?これなの・・・
 ⇒【転職方法】やり方は7つ!でもおすすめは3つだけ、なぜなら・・・
 ⇒【転職活動・疲れた】辛い・不安になったときに試したい6つ、気持ちが軽くなる・・・
 ⇒【転職に役立つ資格おすすめ37選】男性・女性に有利で人気なのは・・・
 ⇒【転職活動は在職中?退職後?】企業側の印象に差があるの?得なのは?
 ⇒【転職したい】と思ったら転職活動するべき?しなかったら・・・後悔するの?
 ⇒【結婚前後の転職】男女別、有利・不利なタイミングと理由とは・・・

 

年代ごとの転職成功方法
 【第二新卒の転職・就活】採用は厳しいの?失敗する理由と成功の方法とは
 転職は未経験でもOK?20代後半(25・26・27・28・29歳)向け!
 ⇒【転職30代】男性・女性向けおすすめエージェント・サイト3選|キャリア別に解説
 未経験の転職はNG?30代前半(30・31・32・33・34歳)向け!
 未経験の転職はNG?30代後半(35・36・37・38・39歳)向け!
 
【40代・転職】未経験は失敗?40・41・42・43・44歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【40代後半・転職】未経験は失敗?45・46・47・48・49歳はきびしい~成功するには?
 ⇒【50代前半・転職】年収の現実と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【50代後半・転職】失敗と成功のコツ!転職エージェントの活用がおすすめ!
 ⇒【60代・転職】シニア世代が就職に成功するコツは業界選びと・・・

 

転職口コミサイトで転職先を調査
 【転職口コミサイト・おすすめ】信頼できるの?人気と評判の4選は?

 

転職の流れ
 【3分でわかる転職の流れ】準備から内定・退職・スケジュールまで
 【転職内定後の流れ】保留・辞退・連絡・返事の期間はいつまで?迷う・・・
 【求人応募メールの書き方】好印象の例文あり!ルールと注意点とは?
 【転職・中途採用の筆記試験対策】実施率は51%【問題例あり】重要度は?
 ⇒【契約社員・途中退職できる?】勤続1年を境に退職条件が変わる・・・
 ⇒【電話でできる無料転職相談】おすすめ窓口、相談から始まる仕事探し

 

適性検査の通過対策!
 【転職・適性検査とは】能力(spi)・性格問題の通過対策【ウソをつかない?】

 

転職の筆記試験は51%の企業が実施

転職で中途採用の場合、履歴書・職務経歴書で面接に呼ばれるかが決まり、面接して採用って思っていたら・・・

筆記試験があった!

実は、転職サイト『doda』の筆記試験実施率調査によると、51%の求人に筆記試験があったそうです。

 

そうだとすると、転職ってハードル高く感じてしまいますね!

マジ、筆記試験対策が必要。

 

職種ごとに筆記試験の実施率が違う

職種別ごとの筆記試験実施率

  • 技術系(機械/電気):66%
  • 技術系(科学/食品):63%
  • 技術系(建築/土木):54%
  • 事務・アシスタント系:53%
  • 企画・管理系:52%
  • 営業系:50%
  • 技術系(IT/通信):49%
  • コンサルタント系:43%
  • 金融系専門職:42%
  • 販売・サービス系:41%
  • 医療系専門職:39%
  • クリエイティブ系:38%

技術系は筆記試験実施率が高く、クリエイティブ系は低いようですね。

能力を見極める方法が職種によって違うということになるのかな?

 

転職の筆記試験の内容と対策【問題例あり】

転職するときの筆記試験は以下のようなものが実施されます。

筆記試験の種類

  • 性格適性検査
  • 能力適性検査
  • SPI(性格、能力
  • 一般常識試験
  • 専門知識試験
  • 論文作成
  • 企業オリジナルの試験

筆記試験の9割以上が『適性試験』です。(転職サイト『doda』の調査より)

つまり、性格適性検査と、能力適正検査なんですね。

  • 性格適性検査は、性格を把握するためで、職務や職場への適応性を見る検査です。
  • 能力適性検査は、知的能力、作業能力を測定して能力が一定水準に達しているか見る検査です。

 

次にそれぞれの試験内容と対策をみていきます!

 

転職の適性検査の通過対策は、『ウソをつかない?』どういうことか解説しています!

 

性格適性検査

性格検査によく使われるのが、『YG性格検査』や『クレペリン検査』です。

YG性格検査(谷田部ギルフォード検査の通称)

120の質問に『はい』『いいえ』『どちらでもない』に答えていくもの。

問題例:「小さなことでもなかなか決断出来ない」や、「すぐ涙ぐむ」のような質問に答えていきます。

 

クレペリン検査

1桁の数字を繰り返し足していくような検査です。これで性格や処理能力を把握します。一桁の数字の足し算を練習しておくといいかも。

 

特に準備も対策も必要ないですが、性格適正検査ではウソをつかないようにすることが大切。

性格検査の結果と面接での印象が大きく違っていると、適性検査でウソをついたと疑われ、信用されなくなり採用されなくなります。

 

能力適性検査

能力適性試験によく使われるのが『玉手箱』です。

玉手箱の内容

言語・計数理解・図表読み取り・英語などさまざまな科目でできています。

問題例:□に入る数値を答えよ

A、29×◻=168+◻
B、24÷16=◻÷3

答え

A、6
B、9/2または、4.5

玉手箱はインターネットに練習問題がありますので、やっておくといいです。その際、回答時間も気にしてくださいね!

 

SPI検査

SPIは性格・能力の両方をテストする筆記試験です。

改良が進んで、今の細心はSPI3となっています。

新卒用の試験なんですが、転職にも使われるようになってきました。

問題例:SPI無料学習サイトより

言語の問題例:時間制限30秒
最初に示された文章の意味を考え、最も近い意味で使われているものを選択肢より選びなさい。

 

はさみで切る

 

A、病気で学校を休む
B、雪で飛行機が欠航する
C、電車で行く
D、海で泳ぐ
E、みんなで頑張る

 

解答
C.電車で行く

 

解説
「はさみで切る」は「手段」を表す格助詞「で」。
「を使って」と言い換えられる。このように言い換えられるのは、Cの「電車で行く」。

 

非言語の問題例:時間制限3分

P、Q、R、Sの4人で徒競走をした。4人のタイムや順位について次のことが分かっている。

 

ⅰ)Qのタイムは、RとSのタイムの平均である
ⅱ)Pの順位は、Rより上である
ⅲ)同着の順位のものはいない

 

次のア、イ、ウの推論のうち、必ず正しいものはどれか。

ア、1位はPかSである
イ、2位はQかRかSである
ウ、4位はRかSである

 

A、アだけ
B、イだけ
C、ウだけ
D、アとイの両方
E、アとウの両方
F、イとウの両方
G、アとイとウのすべて
H、必ず正しい推論はない

 

解答 (1) E.アとウの両方

 

SPI英語の問題例:制限時間30秒

次の和文と英文の意味が合致するように、空欄に最もふさわしい語句を選択肢より選びなさい。

 

彼女には新しいパソコンを買う余裕がなかった。

She could not (   ) to buy a new computer.

 

Afail
Bafford
Cmake
Dmanipulate
Etake

 

解答
B.afford

 

 

SPI性格適性検査の問題例:制限時間7秒

 

物事を深く考えすぎる傾向がある

 

[ 選択肢 ]
あてはまる
どちらかといえばあてはまる
どちらかといえばあてはまらない
あてはまらない

 

解答
ロジカルシンキングが必要な職種(SE、研究職など)の場合、「あてはまる」がベター。

このように、SPI検査では、答えか決まっている非言語、言語分野や、解答の選択で診断する性格検査があります。

いきなりこんな問題を出されたらパニックですよね!

インターネット上にある無料学習サイトで練習しておきましょう。

 

一般常識試験

一般常識の試験、これが困る!

だって、学校で習った基礎的な学力や、時事問題なので急に身につけようとしても無理です。

 

でも、やるしかないです。

中学や高校程度の基礎的な問題を復習、ニュースを読む、これを繰り返せばOKですが、やみくもにやると悩んでしまいます。

一般常識試験にSPI試験が含まれる可能性もあるから、SPIの問題集をやっておくのも役立ちます。

 

専門知識試験

職種についての専門知識をテストされることもあります。

  • プログラミングの仕事なら、プログラミングの知識
  • 事務の仕事なら、簿記の知識

今までと同じ職種に転職するなら簡単ですが、未経験の職種だとハードルが高いです!

勉強するしか無いのが実情ですので、早めに知識を増やしましょう!

 

論文作成

論文形式だと初見のテーマについて文章を書かなければいけないのでハードルが高いです。

転職先企業に全く関係ないテーマにはならないはずですので、対策としては転職先企業や業界・職種の知識をしっかり準備しておきましょう。

もしかしたら、ラッキーにも『会社に入ったら何をしたいですか?』みたいなテーマだと書きやすいですね。

どんなテーマになるかわかりませんので、初見のテーマで書ける練習をしておくといいですね!

 

企業オリジナルの試験

多くはないですが、企業オリジナルの試験があることが・・・

内容としては、転職先の企業や職種の知識が多いです。

 

このような筆記試験への対策としては、転職する企業や業種・職種に詳しくなっておくことが必要です。

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

転職の筆記試験の時間は30~40分前後

企業ごとに違いますが、およそ30~40分前後が多いようです。

試験の時間が長いところでは、適性試験以外のものが組み合わされていることがあります。

適性試験だけでは専門知識がわかりませんので、独自に別の試験を追加するようです。

 

面接と筆記試験は重要視されるのは?

面接だけの企業もあるのに、筆記試験をやるということは筆記試験を重要視しているのかな?

こんなふうに思えますよね!

実施されるタイミングで重要度がわかりますので、次に解説します。

 

面接より前のタイミングなら面接より重要

面接を行うよりも前に、一次試験として筆記試験があるなら重要です!

面接は手間がかかりますので、応募人数が多いときに選別して振り落とす目的で行われます。

 

筆記試験が無事に通過できれば、面接はすんなりかもです!

 

最終選考付近の筆記試験は重要

最終段階の面接に、筆記試験があることがあります。

職歴、スキルなどがOKでも、性格の適正は大丈夫なのか念の為試験されることも。

 

ですので、最終段階のタイミングで行われる筆記試験は採用に大きく影響します。

 

面接と同時の筆記試験なら参考程度かも

面接時に同時に行われる適性検査なら、面接重視の可能性が高い。

念の為に行うような適性試験で、あまりにも結果が悪くない限りそれほど重要視されないはず。

 

まとめ:筆記試験も面接も対策が必要!

転職でも約半数の企業が筆記試験を行います。

実施される筆記試験の内容の9割は性格・能力の適性検査です。目的は入社後に適応できるかどうか見るためです。

いまさら試験って思うかもですが、これが現実ですので面接ばかりでなく筆記試験の対策もしっかり行いましょう。

 

筆記試験の対策と同時に面接対策もしておくと効果的。意外と気付いてない『面接のお礼メールの効果』を解説。

 

履歴書・職務経歴書の内容で面接に呼ばれるかが決まります。下の記事でコツを知っておきましょう!

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm