フリーランスの失敗が増加している理由3つ【誤解,スキルと・・・】

フリーランスを考えているけど、失敗したら嫌だな。

実際フリーランスになると、どんな失敗が発生するんだろう。
事前に知って失敗を避けたい。

この記事では、フリーランスの失敗が増えている理由と避ける方法をお伝えします。
避ける方法は事前に失敗例を知ることです。

 

フリーランスの失敗が増加している理由3つ

フリーランスになるときの失敗3つ

 

  1. 誤解
  2. スキルと実績不足
  3. 新規参入が増えて失敗増加

1、誤解

フリーランスの失敗で一番多いのが気軽に移行してしまった場合です。

フリーランス = 自由で気軽に働けるイメージ

どういうわけか?『フリー』っていうワードが最初につくのでこんなことに!

 

フリーランス特定の企業や団体、組織に専従していないことで、個人事業主もしくは個人企業法人

「フリー」は専従していないこと、雇われたりしてないことです。
自由だけど気軽じゃないです。

フリーランスが自由を得るには努力が必要!

自由で楽になりたいと誤解してフリーランスになると、高い確率で失敗します。

 

2、スキルと実績不足

安さを売りにしている ー> スキルと実績がないから

スキルと実績が不足していると、安案件で消耗します。

仕事を依頼する側にとってスキルと実績があるフリーランスに案件をお願いしたいと思うのが普通です。

忙しいけど稼げないフリーランスは間違いなくこのパターンです。

体力勝負の安案件を繰り返しているうちに疲弊ー>撤退。

 

3、新規参入が増えて失敗増加

単純に新規にフリーランスになる人が増えているからです。

※昔のフリーランス
会社員で収まりきらない実力者がフリーランスになっていた。

 

※今のフリーランス
どちらかと言うと脱出組が増えてきた。

 

そもそもモチベーションが違います。

 

じゃあ脱出組はどうするか?

脱出する前に準備する。
いきなり「今日からフリーランス」なんて決めて会社を辞めない。

ちゃんと準備してから脱出すればOK。
簡単に言うと副業から始めてフリーランスに移行。

 

フリーランスエンジニアの脱出例をまとめてますので御覧ください。

【最悪失敗】クライアントの信頼を失う

ここまでフリーランスになるときや、なってすぐ失敗する例を見てきました。

 

順調にフリーランスに移行できたのに、後から「落とし穴」が待っていたりします。

それが、『信頼』です。

「信頼を失う」という失敗だけは避けるべき。

 

フリーランスが信頼を失うとどうなるか

信頼を失うと、クライアントから次の案件が来なくなります。
逆に信頼されていると、次から次へと案件が舞い込んでくる。

 

「まあ仕方ないか、このクライアントは失敗しちゃったけど・・・他があるし」

この考えだとヤバいです。

悪い結果をだすと、知らないところで伝わってたりします。(口コミ)

 

ですので、案件を請けたら信頼を失うようなことをしてはダメです。

 

どんなことで信頼を失う?

信頼構築には時間と実績が必要です。
でも信頼を失うのは一瞬です。

 

  • 納期が遅れるー>ギリギリに連絡
  • 成果物のクオリティが悪い

※納期が遅れることがわかったらすぐに連絡、ギリギリまで引っ張って連絡が遅くなったらリカバリーできなくなりプロジェクト全体に影響。

早めに連絡すれば、他のフリーランスにヘルプを依頼してもらえるので信頼のダメージも最小にできます。

 

成果物のクオリティー(品質)が悪いと、次の依頼がなくなります。

成果物が仕様を最低限満足しているようにするのがプロですので、それをクリアする。

 

少しむづかしいのですが、お客さんの期待値が高すぎることもあります。
そんなときは「値段相応の品質はこうなります」を予めお客さんに伝えて合意しておきます。

 

技術力 < 信頼

信頼ってどうやって得られる?

はい、まず時間がかかります。
「信頼ほしいな、明日までに」なんてムリ!

 

信頼って最初からはむりなので、築き上げる。

  • 日々の仕事こきっちりこなす
  • 納期厳守したり
  • 期待以上の成果物を仕上げたり
  • 頼みやすい人柄だったり
  • コミュニケーションが良かったり

こんなことを日々心がけると信頼が構築されてくる。
かなり大切。

 

仕事は信頼でする

 

まとめ:フリーランスの失敗が増加している理由3つ【準備,スキルと・・・】

※フリーランスの失敗が増加している理由3つ

  1. 誤解
  2. スキルと実績不足
  3. 新規参入が増えて失敗増加

※【最悪失敗】クライアントの信頼を失う

  • 納期が遅れるー>ギリギリに連絡
  • 成果物のクオリティが悪い

失敗したら、すぐに謝りましょう。
これができないとすぐに行き詰まります。

小さな失敗を繰り返すうち慣れてきます。
『なにかやると必ず失敗するー>改善する』これが普通。

「何もやらなかった」という失敗よりもよっぽどいい!

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm