【転職注意!】年間休日数って?完全週休2日制で喜んでいたら・・・

休日ってわかりにくい・・・

求人票にある休日ってわかりにくい~。休日は多いほうがいいけど、転職するときにいったいどれだけ休みがあるのか勘違いしやすい。入社してみたら「こんなに少なかったの」ってがっかりしたくない。だれかわかりやすく教えてほしい。

ぼーっとしてたらまずい~

 

この記事では、「転職先の休日」で後悔しないように休日の違いをお伝えします。知っておくべきことばかりですよ!

こんな人に向けて書いています。

  • 転職しようとしている人?
  • 休日がわかりにくくて悩んでいる人?
  • 休日が多い転職先を探している人?

最後まで読むと、「ほんとうの休日」がスッキリわかります!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

『転職活動の準備』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

転職活動の準備 知っておくべきこと

転職する・しない判断

会社の良し・悪し見極め 人気記事

週休2日制のわかりにくさと、祝祭日の注意点!

 

「週休2日制」は休みが多くていいですよね!

でも、「週休2日制」には種類がありますので注意です。

週休2日制の違いとは?

  • 完全週休2日制 ⇒ 毎週2日の休みがある
  • 週休2日制 ⇒ 月に週休2日が1回以上ある
  • 隔週休2日制 ⇒ 週休1日と週休2日の週が交互にある

知ってました?どうみても「完全週休2日制」がいいですよね!

完全週休2日制

これが一番いいです。

毎週2日以上の休みがある制度です。

必ずしも土日が休みじゃなく、他の曜日だったりする場合も会社によってあるけど必ず毎週2日の休みがあります。

「完全」って付いていると毎週なんですね。

 

残念な事実をお知らせしなければなりません。

「完全週休2日制」だけど、祝日が休みじゃない会社があるので注意!

「毎週2日の休みがある、わーい!」って喜んでいたら祝祭日が休みじゃないのでズドーン!

こんな会社もあります。

なので、休みが、「完全週休2日制+祝日」となっていないと最悪ですよ!

ゴールデンウィークなし、年末年始なし・・・とにかく、みんなが長期休暇で楽しんでいるときに仕事仕事です。

毎年のことなので、数十年経ったら大きな差になります!

 

週休2日制

もうこれは「週休2日制」と呼ぶには耐えられない内容です。

普通に日本語的な理解では、「週に休みが2日ある」ように思われます。

なので毎週2日休みなんだな~って思っていると、大間違い!

詐欺(さぎ)みたいな内容です。

「週休2日制」=「週に2日休みがある週が1ヶ月に1回以上ある制度」

??

ただし書きが必ず必要な「週休2日制」です。

もはや、「週休2日制」という表現が間違っていると感じるはず。

 

「週休2日制」の実際

  • 毎月第1、3土曜日は出勤
  • 月に1回だけ土曜日出勤
  • いろんなパターンがある

 

隔週休2日制

こちらは、だましのない表現なので、わかりやすいです。

週休1日と週休2日が交互にある休みの制度です。

あまり見かけないけど、たまにあるのが「隔週休2日制」です。

年間休日数が違う「完全週休2日制」と「週休2日制」

年間何日休みがあるかを示すのが「年間休日数」。

平均は120日前後。

この数字を見ると、ホワイト企業かわかりやすいです。

年間休日が120日が目安で「土日休みや祝日、年末休暇などを合わせると120日前後」になります。

 

年間休日120日は完全週休2日制

簡単に計算してみましょう。

1年には、約52週あります。

年間休日120日:

完全週休2日制だと「週休2日x52週=104日」

 

年間祝日数17日をプラスすると121日

 

年末年始、夏期休暇をプラスするとさらに5~7日増えます!

 

そうなると、121+5~7=126~128日です。

完全ホワイトですね!

 

注意 「完全週休2日制」であっても、祝日が休みでないと104日となります。
(次項で説明しますが、105日ないと労働基準法違反になりますので、夏季休暇などを数日プラス)

年間20日以上少なくなり残念ですね!こんな会社もたくさんありますので注意!

毎年20日以上少ないのは痛いです。

 

休みが、「完全週休2日制+祝日」の企業を選びましょう!!!

 

☑ホワイト企業の見分け方を詳しく解説!!

 

☑ブラック企業に入社しないようにするには、見分け方が大切。下の記事を参考にブラック企業を避けよう!

 

年間休日105日は週休2日制

「年間休日105日」となっている休日数を良く見かけます。

仕組みは「法定労働時間」から計算された最低の休日数です。

法定労働時間:1日8時間、1週間40時間

 

1、年間の最大労働時間を求める

1週間に働かせていい時間は40時間だから、年間52週あるので

40時間x52週=2080時間

2、年間の最大労働日数を求める

先に求めた最大労働時間2080時間を一日あたり働かせていい8時間で割ったら、年間に働かせていい日数が求められる。

2080時間÷8時間=260日

3、年間の最低休日を求める

1年は365日、先に求めた年間に働かせていい日数260日を引くと最低休みにしなければいけない日数が求まる!

365日ー260日=105日(最低でもこの日数を休みにしないと、労働基準法の法定時間に違反)

 

つまり、企業側の論理としては

法定労働時間が労働基準法で決まっているので、「限度まで働かせるには、最低何日休みにしなければいけないのかな?」という計算です。

 

「年間休日105日」の休日数を求人票に載せている企業は、余裕がなく、他のいろんな制度も厳しい可能性が高いですね。

ホワイト企業を目指すなら、年間休日数120日を目安にしましょう!

 

求人に書いてあることと実際が違う、求人詐欺。引っかからない対策をまとめてありますのでチェックしてくださいね!

 

完全週休2日制で安心したらダメ、年間休日数120日がめやす!

休みの表示が「完全週休2日制+祝日」で、年間休日数が120日以上になっていることを確認!!

落とし穴的なのは、「完全週休2日制だけど、祝日が休みじゃない」ケース。

これだと、毎年20以上休日が少なく、ゴールデンウィーク、年末年始の休みが永遠に来ないです。

 

どうやったら年間休日が多いホワイト企業を探せる?おすすめする方法!

転職サイトのリクナビNEXTを利用して調べてみました。 リクナビNEXTの検索はとても便利で休日条件がしっかりしています。

☑年間休日120日以上
☑完全週休2日制
☑土日祝祭日休み
☑5日以上の連続休暇制度あり
☑2週間以上の連続休暇制度あり

このような条件で絞ればホワイト企業が効率よく探せます。リクナビNEXTにまだ登録してない人はぜひ利用してみてください。

公式サイト

リクナビNEXT

 

この条件で出てきた企業はかなりホワイトですが、さらに、有給休暇の取得しやすさも気になります。

『面接で有給休暇は取りやすいですか?』って聞きにくいですよね。休むことばかりが気になる人なのかな・・・って思われそうで。

こんなとき、転職エージェントを併用していると転職先の有給消化率の情報を教えてもらえます。休暇の取りやすさが気になる人は、転職エージェンをうまく利用しましょう。

 

転職エージェントは、大手の『doda』、『リクルートエージェント』がおすすめで、実際この2つだけで転職活動を成功させる人もたくさんいます。

転職先の探し方は、まず転職サイトのリクナビNEXTでホワイト企業を検索しておき、気になる企業があったら転職エージェントに相談し求人情報だけではわからない職場の雰囲気や有給消化率、人間関係などの気になる点を教えてもらうのが、おすすめの方法です。

dodaやリクルートエージェントなどの転職エージェントは気軽に相談できますので、登録してみてはどうでしょうか?

 

doda、とリクルートエージェント以外にも、おすすめできる転職サイト、転職エージェントがあります。

ランキングにまとめてますのでぜひご覧ください。
>>転職サイト比較おすすめランキング10選|年収は業種で決まる?とは

その中で紹介している転職サイト、転職エージェントの比較一覧はこんな感じです。

サービス名 doda リクルート
エージェント
ビズリーチ マイナビエ
ージェント
パソナキャリア JACリクルートメント マイナビジョブ20’S レバテックキャリア 就職Shop リクナビNEXT type転職
エージェント
Geekly
(ギークリー)
リクルート
ダイレクトスカウト
エンワールド
・ジャパン
レバテック
エキスパート
doda
Woman Career
LIBZ
(リブズ)
type女性
の転職エージェント
UZUZ
(ウズウズ)
ハタラクティブ マイナビ
IT AGENT
doda
チャレンジ
求人種類 公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
公開求人、
非公開求人
利用者満足度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★
対象年代 20代~50代 20代~50代 20代~40代 20代~40代 20代~40代 20代~40代 20代 20代~40代 20代 20代~40代 20代~40代 20代~30代 30代~40代 30代~40代 20代~40代 30代~50代 30代~40代 30代~40代 20代 20代 20代~40代 20代~50代
種類 転職サイト
転職エージェント
転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト
転職エージェント
転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント
おすすめポイント 非公開求人
3万件以上。
転職サイト
と転職エー
ジェントを
同時利用可能
業界最多の
求人数を保
有、リクル
ートが運営
年収600万円以上
の求人に強い、
ヘッドハン
ティング型
転職サイト
全国の求人
が見つかる
転職エージ
ェント
顧客満足度調査
転職エージェント
で4年連続1位
全年代・職種に対応
外資系企業や
海外進出企業
など、グロー
バル転職向け
ハイクラス
転職エージェント
マイナビが運営
する20代の求人
に特化した
転職エージェント
IT業界の求人
に特化した
転職エージェント
で人気が高い
業界最大手の
リクルートが運営
書類選考なしで
面接に進める
業界最大手
リクルートが運営
する日本最大の
転職サイト
都会の求人に強く
豊富な求人を保有
IT転職に特化した
転職エージェント
大手~ベンチャー
まで求人が豊富
リクルートが運営
年収600万円
以上のハイクラス
向け転職サイト
外資系企業、日系
グローバル企業特化
の転職エージェント
ハイクラスの
IT/Web系
エンジニアと
クリエイターに
特化した
転職エージェント
20~30代の
女性向けの求人
に強い
仕事もプライベート
も大切にしたい
キャリア女性のため
の転職サイト
都市部の女性向け
求人が豊富
第二新卒経験者が
面談をしてくれる
転職エージェント
第二新卒、
フリーター、ニート
の就職・転職に特化
した転職エージェント
マイナビが運営
IT関連に特化している
転職エージェント
『doda』が運営
している障害者に
特化した転職
エージェント
対応エリア 全国・海外 全国・海外 全国 全国 全国 全国 全国 関東・東海
・関西・九州
全国 全国 東京・神奈川
・埼玉・千葉
全国 全国 全国 関東・関西
・東海・九州
全国・海外 全国 東京・神奈川
・埼玉・千葉
全国 全国 1都6県、2府4県
福岡、静岡、愛知
全国
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

今月の人気 転職エージェント ランキング

 

おすすめランキングと
 『年収は業種で決まる?を徹底解説!』
年収が低い理由を知りたい人は
 ぜひ御覧ください!

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm