【残業って断われる?】拒否したら強制・強要や解雇ってなるのかな?

残業って断われるのかな・・・

毎日残業続きでやんなっちゃう~。今日は帰りたいので残業出来ませんって断ってもいいのかな?もしかして残業って強制なので拒否したら解雇(クビ)になったりするのなら怖い~。どうしたらいいのか教えてほしい。 

悩める~

 

この記事では、『残業って強制?断れるの?』拒否したらどうなるのかを優しく説明します。

こんな人に向けて書いています。

  • 残業を断ったらどうなるのか知りたい人
  • どんな理由なら残業命令を拒否出来るの?
  • 残業って強制?断ったら最悪、解雇(クビ)になる?

最後まで読むと、『残業の疑問』がすっきりわかり、悩まなくなります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求出来ます!

正当な理由がないと、残業命令は断われない!

『今日は残業したくないです』って断るのはダメ!

残念ですが、ほぼもれなく、会社と社員の間で残業をすることの協定(36協定)を結んでいるので残業は強制です。

大企業はもとより、中小企業もほとんどが36協定を結んでいるのが実情です。

もしも、36協定を締結してないなくて、就業規則にも残業の記載がなければ、残業は拒否出来ます。

 

え~っ。36協定なんか知らないから協定を結んだ記憶ないんだけど・・・

 

36協定はだれが結ぶ

労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定となります。

実は、あなたが入社する前にすでに36協定は締結されてたりします。

残業が強制される条件

  • 36協定が締結されている
  • 就業規則に残業の義務が記載されている

36協定を確認しておきましょう。

 

36協定を結んでいると残業拒否は難しい!下の記事で36協定、労働基準法。働き方改革の関係や罰則をまとめていますので御覧ください。

 

残業を拒否すると解雇になる可能性も

36協定が締結されていて、就業規則にも残業の記載があれば会社員は従わなければなりません。

残業は業務命令で強制されます。従わないと就業規則に反することになり、最悪解雇(クビ)も可能性があります。

 

怖いですね、でも就業規則を了承して入社したのですから従うべきで、契約とはこういうものです!

 

『正当な理由がなければ、残業命令は断われない!』ですが『正当な理由があれば、残業命令は断れる!』のです。

残業を断れるケースをこれから説明しますね!

正当な理由なら、残業命令は断れる!

正当な理由

    • 36協定・就業規則の規定がない
  • 長時間の残業
  • 体調不良
  • 妊娠中・出産から1年未満
  • 育児中や介護中
  • 残業代が支払われない

36協定・就業規則の規定がない

企業が残業を命令するには、36協定の締結や就業規則の記載が必要です。

もしも、36協定を結んでいなかったり、就業規則で残業の規定がなかったりすれば、残業を拒否出来ます。

 

長時間の残業

残業のための36協定が締結されていても、残業時間の上限を超えるような残業は断ることが出来ます。

違法になるような長時間残業を強制・強要されているなら『労働基準監督署』に相談したほうがいいです。

 

いままで上限規制がなかった残業に制限がかかった!働き方改革で残業や有給がどう変わったのか知りたい人は下の記事を見てくださいね!

 

体調不良

いくら残業を命令されても、体調が悪くて働くのに支障があるときは断ることが出来ます。

体調不良って程度はどのくらい?

難しいです。

本人の体調は、他人ではわからないため、『体調不良と言えば残業を断る理由になります

繰り返し、体調不良で残業を断るような場合は、医師の診断書を提示するようにすれば誰でも納得出来ます。

 

妊娠中・出産から1年未満

『妊娠中』や『出産から1年未満』の人は、それを理由に残業を断ることが出来ます。

 

育児中や介護中

子供の育児や家族の介護のために、残業が免除、制限されます。

育児中

3歳未満:残業が免除される。
3歳~小学生:残業1ヶ月24時間、1年150時間に制限されます。

介護中

家族に要介護者がいる場合、介護が必要なくなるまで残業は免除されます。

 

残業代が支払われない

残業代が支払われない『サービス残業』なら、違法なので残業を拒否してもOK。

OKどころか労働基準法違反なので拒否して『労働基準監督署』に通報すべき。

 

実際、残業代を支払わないで労働させる違法行為が蔓延しています。

厚生労働省の『賃金不払いの残業に、労働基準法違反で是正指導した結果

をみると、数の多さにびっくりします。

 

残業代が支払われない違法な『サービス残業』なら、残業拒否してもOK。下の記事で悪質な『サービス残業』の実態を対策をまとめてます。

 

正当な理由あるのに認めてくれないなら労働基準監督署に

正当な理由があるのに、残業を断ることを認めてくれない会社もあります。

どちらかというと『アレな会社』を匂わしてますね!

 

労働基準監督署に相談しましょう。

残業の36協定の協定書を届け出るのも『労働基準監督署』です。

あなたに『正当な理由があるのも関わらず、残業を強要してくる』ようなら会社が処罰を受ける可能性があります。

 

残業で困っているなら相談してみよう。下の記事で相談窓口をまとめてます。

残業があまりに辛いのなら転職するのもあり

ここまで説明してきた『正当な理由』以外にも『残業したくない理由』ってありますよね!

毎日残業で残業ありきの仕事が蔓延している会社は世の中たくさんあります。

会社の経営が残業ありきで行われているなら、もう『脱出しかありません』

 

転職して残業ありきではない企業を探しましょう。

転職エージェントを利用すれば、希望する条件で探してくれます。

 

転職には『転職エージェント』を利用するのが普通ですが、『選び方のコツ』をまとめてます、こっそり成功しましょう。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm