【残業代・計算方法】割増率・割増賃金の仕組みをやさしく説明!!

01/06/2021

残業代計算ってわかりにくい・・・

残業代の割増ってわかりにくいけど、本当に正しく計算してくれてるのかな~。間違ったりしてたら損しちゃうので自分で確認してみたいけど計算方法がさっぱりわからない。どうすればいいのか教えてほしい。 

悩める~

 

この記事では、「残業代の計算方法」を優しく説明します。割増の仕組みやきまりを知っておきましょう。

こんな人に向けて書いています。

  • 残業代ってちゃんと計算されているのか心配な人
  • どんな残業がどれだけの割増率になっているのか知っておきたい人
  • 自分の会社が信用できない人

最後まで読むと、「残業代の計算方法」がすっきりわかり、じぶんで計算して確認できるようになります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

『労働法』関連記事リンク 合わせて読みたい

 

残業 知っておくべきこと
 【残業代・計算方法】割増率・割増賃金の仕組みをやさしく説明!!
 ⇒【サービス残業とは違法】強要・自主的でもダメ!日本企業のさもしさ
 ⇒【管理職の残業代】なぜ出ない?名ばかり管理職の闇・タダ働き日本!
 ⇒【時短勤務制度とは、いつまで?】給料・残業はどうなる?対象は・・・
 ⇒【残業って断われる?】拒否したら強制・強要や解雇ってなるのかな?

 

働き方改革
 ⇒【働き方改革とは?】変わる「残業上限・有給・収入」罰則もあり!
 ⇒残業は月45時間上限!働き方改革と労働基準法と36協定の関係とは?

 

退職 人気記事
 ⇒【退職までの期間】法律では2週間だけど就業規則1ヶ月を優先なの?
 ⇒【退職代行は弁護士法違反?】問題なく会社を辞めるられる理由とは?
 ⇒【退職時・離職票とは】発行していつ届く?退職証明書とは違うの?
 ⇒【契約社員・途中退職できる?】勤続1年を境に退職条件が変わる・・・
 ⇒【退職時の有給消化ができない?】拒否と権利の解決策!買取はあり?
 ⇒【自己都合退職とは】失業保険に不利?知らないと損する『都合の違い』って?
 ⇒【会社都合退職とは】失業保険に有利?知らないと損する『都合の違い』って?
 ⇒【失業保険の金額計算】月額・期間・上限・会社/自己都合の違い!
 ⇒【源泉徴収票・もらえない場合】退職後いつもらえる?確定申告に必要
 ⇒【退職時ボーナスと有給】もらうには?減額や返すことってあるの?
 ⇒【転職時の書類リスト】退職時の返却物と入社で提出が必要な手続きとは

 

休職
 ⇒【休職とは】給料・手当は0円?理由や診断書が必要!デメリットは・・・
 ⇒【休職中に退職したい】伝え方と退職届や手続きは?辞め方解説!
 ⇒【産休・育休後に退職】損しないために知っておきたいこと・・・

 

国民年金・住民税などの手続き 
 ⇒【国民年金・免除条件と所得】失業・転職中の申請!追納とデメリットとは?
 ⇒【退職後の国民年金は14日以内に手続きって?】忘れるとどうなる?
 ⇒【退職後・確定申告のやり方】必要・不要な人?損する前に還付金を取り戻そう
 ⇒【退職後・住民税手続き】支払いは3つの徴収で!高い納付書が・・・
 ⇒【退職後の確定拠出年金はどうする?】手続き忘れは損!期限は6ヶ月
 ⇒【保険証は退職後使えない・返却は郵送】切り替え期間中はどうする・・・
 ⇒【退職後の健康保険】扶養や任意継続ってなに?手続きは4パターン!

 

残業の少ない業界・年間休日数
 ⇒残業の少ない業界・仕事・職種ランキング!あなたの会社は?【保存版】
 ⇒【転職注意!】年間休日数って?完全週休2日制で喜んでいたら・・・

 

労働の割増賃金

割増賃金の表をみるとわかりやすいので、まずさらっと眺めてくださいね。

労働の種類 割増倍率
法定時間外労働 1.25倍
深夜労働(夜22~朝5時まで) 1.25倍
法定休日労働 1.35倍
法定時間外労働+深夜労働 1.5倍
休日労働+深夜労働 1.6倍

「休日の深夜は稼げるな~」って思いました?

休日の深夜なんて仕事したくないけど、稼げることは間違いない!

 

この表でわからないのは、割増倍率1.25倍とかなってるけど、元となる1倍ってどれのこと?

1倍は、給料を時給換算した時の金額です。

月給なので時給ってわからないですよね。

次項で説明しますね。

 

月給から時給を求める

月給で給料をもらってる人も残業代を計算するには、時給に換算した金額が必要です。

(月給ー諸手当)÷(1日の所定労働時間x1ヶ月の勤務日数)

諸手当は、ボーナス・通勤手当・家族手当・住宅手当・単身赴任手当などです。

例:

諸手当を引いた月給=24万円

1日の所定労働時間=8時間

1ヶ月の勤務日数=20日

 

時給の計算:

24万円÷(8時間x20日)=1,500円

この条件だと時給が1,500円です。

割増倍率が1.25倍の残業だと1,500円x1.25=1,875円になります。

 

月給を時給に換算しておけば、あとは簡単に求められます!

労働の種類ごとに割増賃金を、やさしく説明

労働の種類 割増倍率
法定時間外労働 1.25倍
深夜労働(夜22~朝5時まで) 1.25倍
法定休日労働 1.35倍
法定時間外労働+深夜労働 1.5倍
休日労働+深夜労働 1.6倍

ひとつづつ説明しますね!

法定時間外労働(1.25倍)

法定時間外労働って?

「労働基準法32条」で法定労働時間は決まっています。

 

  • 休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
  • 休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。

労働基準法で決まっている時間を超えて労働すると法定時間外労働となります。

実は、残業には法定時間内の残業もありますよ!

例:定時9~17時、休憩1時間を除き7時間労働

  • 法定時間内労働の残業:9~18時まで働くと
    労働時間は8時間なので法定労働時間内、定時17時なので残業1時間、これが法定時間内労働の残業になる。

  • 法定時間外労働の残業:9~19時まで働くと
    労働時間は9時間なので、法定時間内労働の残業1時間、法定時間外労働の残業1時間になる。

法定時間内の残業とは、会社が決めた定時を超えているけど、法定労働時間は超えてない残業のことで割増賃金はありません。(会社が独自に割増を設定している場合もある)

法定時間外の残業になると、法律で決まった倍率(時給x1.25倍)の残業代がもらえます。

こんなふうに短い定時を設定している場合は、残業しても割増がないことがあります。

 

法定労働時間には「週40時間」の制限もあります。

別な例で、定時9~18時 休憩1時間を除き8時間労働

8時間x平日5日勤務=40時間

土曜に出勤すると40時間を超えてくるので、法定労働時間外労働で1.25倍になります。

 

注意:

  • 大企業の場合は1ヶ月の法定時間外労働が60時間を超えた時、割増賃金が1.5倍になります。
  • 中小企業は2023年(令和5年)4月から法定時間外労働が60時間を超えた時、割増賃金が1.5倍になります。

 

深夜労働(1.25倍)

深夜労働は、夜22時~朝5時までに働いた場合です。

1.25倍の割増賃金になります。

面倒な条件がなくシンプルです。

 

休日労働(1.35倍)

休日労働で1.35倍になるのは、法定休日です。

法定休日じゃない休日に出勤しても1.3倍にならないです。

 

法定休日って?

労働基準法で決められていて「週に1回」か「4週を通じて4日」の休日ことです。

週休2日制の会社だと、どの曜日が法定休日なのか決めなければいけません。

例えば、日曜日が法定休日となっているなら、土曜日に休日出勤しても、休日労働にならないということです。

 

ただ、土曜出勤のときに「1週間の労働時間が40時間を超えている分」には法定外労働の1.25倍の割増賃金がもらえます。

 

なんか、どうせ休日出勤するなら法定休日の日曜に働いたほうが得じゃないですか?

でも、残念ですが、会社は法定休日の振替ができるので、この手法は有効でないのです。

 

注意:法定休日には「法定労働時間」がないため、法定休日に「1日8時間の法定労働時間」を超えて働いても割増は1.35倍です。

 

法定時間外労働+深夜労働(1.5倍)

法定時間外労働⇒1.25倍

深夜労働(夜22~朝5時までの間)⇒1.25倍

もしも、深夜に法定時間外労働をすると1.5倍の割増賃金になります。

 

注意:

  • 大企業の場合は1ヶ月の法定時間外労働が60時間を超えた時、割増賃金が1.5倍になるので、深夜労働が重なると1.75倍になります。
  • 中小企業は2023年(令和5年)4月から法定時間外労働が60時間を超えた時、割増賃金が1.5倍になりますので、深夜労働が重なると1.75倍になります。

 

休日労働+深夜労働(1.6倍)

法定休日労働⇒1.35倍

深夜労働(夜22~朝5時までの間)⇒1.25倍

もしも、法定休日に深夜労働をすると、1.6倍の割増賃金になります。

 

ちょっとややこしいのですが、法定休日は(0時~24時)で判断されるので24時を過ぎて次の日になると法定休日じゃなくなります。

例:定時9~18時、休憩1時間を除き8時間労働、法定休日は日曜日に設定されている会社

トラブルで日曜日の14時から月曜日の3時まで働いたとすると下の3つの時間帯で倍率が変化します。

  1. 日曜日14時~22時⇒法定休日労働で1.35倍
  2. 日曜日22時~24時⇒法定休日労働で1.35倍と深夜労働1.25倍が重なって1.6倍
  3. 月曜日0時~3時⇒深夜労働1.25倍と時間外労働1.25倍が重なって1.5倍

日付をまたいだ場合ちょっとややこしい。上の例3、を解説。

引き続き日曜日の夜から月曜朝の3時まで連続で働いていますが、日付が変わって月曜日になった瞬間に法定休日が終わります。

そして、1日の労働時間がすでに8時間を超えていますので月曜日の0時~3時は法定時間外労働になり1.25倍になります。

深夜労働の時間帯22時~5時の1.25倍は引き続き有効です。

なので1.5倍です。

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

自分の残業代を計算してみよう

月給で給料をもらっている人は、最初に自分の時給換算をしましょう。

あとは、この記事の表を見ながら割増賃金を計算すれば簡単です。

 

残業時間の上限って決まってるのは知ってるかな?下の記事を見て知っておこう!

 

残業したくない気持ちって「甘えやわがまま」なの?違いますよね、残業が増える理由と対処法を説明してます。

 

残業の少ない業界ってあるんです!下の記事でランキングをまとめてますので、御覧ください!

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm