【転職方法】やり方は7つ!でもおすすめは3つだけ、なぜなら・・・

09/01/2020

転職方法ってどんなのがあるの・・・

「転職したいけど、どうすればいいのかわからない! ハローワークって聞いたことあるけど、ネットを検索すると転職エージェントやサイトがたくさん出てくる。自分にビッタリの転職方法を知りたいな」

悩める~

 

この記事では、「7つの主な転職方法」のメリット・デメリットをお伝えし、そのなかからおすすめを紹介します。

こんな人に向けて書いています。

  • 転職をしたい人
  • 転職のしかたがわからないで悩んでいる人
  • どの転職方法が得なのか知りたい人

最後まで読むと、一番オトクな転職方法がすっきり理解できます!

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

無料で資料請求できます!

7つの転職方法とメリット・デメリット&おすすめ

おすすめは下の1、2、3なぜなら「いい条件の求人」があるから!!

 

  1. 転職エージェント
  2. 転職サイト
  3. スカウトサービス
  4. 紹介予定派遣
  5. ハローワーク
  6. 人脈(コネ)
  7. 転職支援サービスを頼らず自力

1、転職エージェント

エージェントってなんかスパイ映画に出てくるようなイメージを持っている人もいるかもです。

でも、「転職エージェント」は転職する人をサポートしてくれる「人材紹介会社」です。

「エージェント」=「仲介者」

いまでは、転職するならまず転職エージェントを利用するのが一般的なくらいです。

転職エージェントのメリット

メリット:

  • 無料
  • 担当者が付き、転職のサポート
  • 求人、非公開求人の紹介
  • 面接日、段取り、給料交渉

転職エージェントに登録すると、担当者が付きます。担当者はキャリアアドバイザーと呼ばれたりします。

担当者は転職の相談、書類の添削、面接のサポートなどもヘルプしてくれます。

転職エージェントは非公開の求人を持っているので紹介してもらえるのもメリットです。

 

転職エージェントをうまく利用する方法

 

転職エージェントのデメリット

デメリット:

  • 担当者と相性が悪いこともある
  • 担当者と面談が必要

担当者も人なので、あなたと相性が悪いということもあります。そんな場合はチェンジしてもらうこともOKです。

転職エージェントは複数登録が基本なので、相性の悪い担当者はチェンジするか、他の転職エージェントの担当者をメインにして活動するのがよいでしょう。

それと、転職エージェントの担当者とは面談が必要で、その際、細かい希望条件を伝えたり、アドバイスを受けたりします。

担当者と会って面談するのが面倒と感じる人もいるかも。

 

転職エージェントのデメリットを補う複数登録の詳細を説明してますので御覧ください!


今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

2、転職サイト

転職で検索すると必ず出てくるのが「転職エージェント」と「転職サイト」。

転職サイトは、大量の求人情報が見られ、自分に適した企業に応募するタイプです。

転職サイトもメリット・デメリットがあります。

転職サイトのメリット

メリット:

  • 自分ひとりで転職活動ができる
  • 自分のペースで活動できるので気軽

転職サイトは、自分ひとりで活動するので「転職エージェント」のような面談がないので気楽です。

企業探しは、スマホやPCがあればいつでもどこでも可能なのでスキマ時間でも転職活動ができます。

 

転職サイトのデメリット

デメリット:

  • 求人探し、応募、面接日程調整を自分で行う必要
  • 求人の倍率が高め、求人数が転職エージェントより少なめ

「転職エージェント」ならやってもらえるサポートの全てを自分でやらないと進まないのが「転職サイト」です。

働きながらだとかなりの負担になるのが実情。

気軽だけど、面倒なのが「転職サイト」です。

転職サイトは利用者も多く、倍率も高くなってしまいます。転職エージェントが持っている「非公開求人」の数だけ「転職サイト」の求人が少ないのもデメリットです。

 

3、スカウトサービス

自分の経歴・スキルを「大手転職サイトのスカウトサービス」に登録しておくと、興味を持った企業がオファーしてくるシステムなのがスカウトサービスです。

スカウトサービスのメリット

メリット:

  • 匿名で登録できるので、在職していても安心
  • 思ってもなかった企業からオファーが来るかも
  • 自分の市場価値がわかる

自分の経歴・スキルに自信があるなら登録してみたほうがいいです。

自分の市場価値がわかり、思いもしなかった企業からオファーが来ることもあるので楽しみです。

 

スカウトサービスのデメリット

デメリット:

  • オファーが来ないことも
  • 自分の希望する職種からオファーが来ないことも

登録したら待つのみなので、どこの企業からもオファーがない可能性もあります。

オファーが来ても、自分が転職したいと思っている企業や職種からではない場合もあります。

スカウトサービスは、「待ち」の活動なので、こちらからアプローチするものではないのがデメリットです。

 

4、紹介予定派遣

あまり聞き慣れない「紹介予定派遣」ですが、正社員になる方法として注目です。

最初から正社員ではなく、派遣から始まって正社員になる方法です。

 

紹介予定派遣とは

派遣期間3~6ヶ月後、働いていた企業との合意で正社員になる働き方です。
双方にメリットがあります。

 

  • 求職者:働いていたので職場の雰囲気がわかる
  • 企業側:働いていたので雇用後が安心

派遣社員でずっと働くより正社員になれる可能性があるほうがいいですよね!

働いていたんだから、職場の雰囲気も知っているわけだし安心ですね。

 

紹介予定派遣のメリット

メリット:

  • 派遣会社が仕事を探してくれるので楽
  • 正社員入社前に人間関係や雰囲気がわかる
  • 仕事のミスマッチがない

ミスマッチがなくて安心ですし、人間関係の雰囲気もバッチリわかります。

 

紹介予定派遣のデメリット

デメリット:

  • 求人数少なめ
  • 雇用されない場合もある

求人数が少ない地域もあり、そこが難しいところです。

必ず雇用してもらえるわけではないです、企業側の都合がありますから。

 

5、ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は全国にあり、職を求めている人なら誰でも無料で利用できる「厚生労働省」の機関です。

通称、職安(しょくあん)って呼ばれます。

ハローワークのメリット

メリット:

  • 地域や地元の求人情報に強い
  • 相談窓口があり、相談員と求人を探せる
  • 地元の求人だけでなく全国も探せる

地元の求人に強く、家から通えるところを探す時に便利。

相談窓口で相談員と一緒に職探しも可能でアドバイスもしてもらえます。

U・Iターンで地方に移住する前に、ハローワークで全国の求人が探せます。

 

ハローワークのデメリット

デメリット:

  • 地元求人は多いが、全体求人数は少なめ
  • 求人票から読み取れない労働条件があったりしてハズレもある

地元求人は多いが、全体としては大手の転職サイトには及ばない。

求人票がすべてで、企業から提示された情報のみなので企業によっては労働条件の正確さがないこともある。

どこの企業もよく見せたいからね。

 

6、人脈(コネ)

人脈(コネクション)で転職する人もいます。

人脈のメリット

メリット:

  • 求人をしてない企業に入れる可能性あり
  • 人物本位というより、人脈で採用される

友人・知人、取引先、縁故での繋がり(人脈)で紹介されるので、求人を出してない会社にも入社できます。

「○○さんの紹介なら安心、すぐに来てもらおう」みたいな決まり方です。

普通の転職のステップは、「なし」で入社です。

 

人脈のデメリット

デメリット:

  • プレッシャーあり
  • 条件が交渉はないことも

人脈(コネ)入社だと、「○○さんが紹介してくれたんだから顔を潰してはまずい」ということで、プレッシャーがかかります。

いい加減なことはできませんので、頑張って働きます。

簡単に辞めるわけにもいかないです。

仕事が合ってなかったら、辛いですね。

 

7、自分で探す

誰にも、どこにも頼らず自分で転職先を探す。

  • 企業の公式サイトから応募
  • SNSで自分アピール
  • ブログで自分アピール

自分で探すメリット

メリット:

  • タイミングが合うと採用される可能性あり
  • 意外な求人が舞い込む

 

企業の公式サイトで募集を出しているところも多い、応募してみるとタイミングよく欠員があれば採用される可能性があります。

SNSやブログでアピールしておくと可能性は低いですが、意外な求人が舞い込む可能性もあります。

 

自分で探すデメリット

デメリット:

確率が低い

 

「自分で探す」をメインで転職活動するのは厳しい。転職エージェントと併用するのがおすすめ。

 

転職は退職前、退職後? どっちがいい?

転職は今働いている仕事を辞めて違う職場に移ること。

  • 働きつつ次の仕事を探す
  • 辞めてから次の仕事を探す

2通りあります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、おすすめは「働きつつ仕事を探す」です。

 

退職前に転職活動するメリット・デメリット

メリット:

  • 焦らないで転職活動ができる
  • お金の心配がない
  • 仕事のブランクがないので転職しやすい

 

デメリット:

  • 仕事をしつつなので忙しくなる
  • 時間が限られるので面接の調整が難しい

働きながら転職活動すると忙しくなりますが、慌てずじっくり良い条件の転職先を探せるのが一番のメリットです。

慌てたり焦ったりすると、失敗する可能性が高くなりますよね。

それと、働いているのでお金の心配をする必要がないのもいいです。

 

面接日の調整や段取りなどは、転職エージェントを利用すればうまくやってもらえます。

 

退職後に転職活動するメリット・デメリット

メリット:

  • 時間があるので転職活動に専念できる
  • プライベート時間が多くなるのでリフレッシュできる
  • 転職先企業の内容を深堀りできる

 

デメリット:

  • 失業保険があるが、収入が減る
  • すぐに転職先が決まらないと焦って失敗する
  • 家族のプレッシャーがある

退職後だと、時間があるのでリフレッシュできるはずですが、なかなかそう簡単ではないです。

理想的なのは、辞めてから短期間で良い条件の転職先が決まって、そこから少しの期間ゆっくりできる場合です。

逆に、なかなか転職先が決まらず時間だけが過ぎていくようなら、いくら自由な時間があっても気持ちは焦ります。

 

「失業保険ギリギリまでゆっくりするぞ!」なんて考えてたらかなりヤバいです。

退職してからの転職活動は、やってみると精神的に辛いですよ!

家族からのプレッシャーもありゆっくりなんてしてられないのが実情です。

 

退職前の転職活動がおすすめ!

退職前、退職後、どちらの転職活動にもメリット・デメリットがありますが、リスクが少ないほうを選ぶなら転職前です。

転職前のデメリットは転職エージェントを利用することでカバーできます。

実際、多くの人が転職エージェントを活用して仕事をしつつ転職を「成功」させています。

 

転職活動を在職中にする人は86%、なぜなのか理由を説明してます。

転職の流れをチェック

これから転職活動を始める人のために流れを紹介します。

1、転職の準備

まず、自分の性格を知って

無料でできる性格診断をしてみましょう。
⇒『16 personalities

 

次に適職診断を

会員登録無しでできる無料診断です。使い方は簡単、選んでいくだけ。

5分であなたの適職を診断してくれます!

適職診断NAVI(ナビ)

 

さらに、自分の適性年収を調べておきましょう。

「自分と同じくらいの学歴・経歴だとどのくらいを期待できるのか?」

無料登録、案内に従って学歴・経歴を選んでいけば5分もかからない。

⇒「ミイダス

 

2、転職書類の作成と応募

3、面接

4、内定

5、退職

6、入社の準備

ここまで3~6ヶ月が一般的ですが、長い人だと1年以上かかることもあります。

働きながらなら、焦る必要ないです!

 

転職の流れを理解しておこう、準備から詳しくまとめてますので御覧ください!

まとめ:

転職方法はさまざまですが、それぞれメリット・デメリットがあり自分に合った転職方法を選ぶことが大切です。

おすすめは

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • スカウトサービス

を利用して働きながらの転職活動です。

 

適正年収を診断してみよう、きっと転職に役立つはず!

最適な転職エージェントをすぐに診断できます。転職に役立つはず!

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化

 

それではまた。

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職エージェントを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm