【退職代行で失敗・トラブルのリスク】想定されるケースと避ける方法とは?

12/26/2020

退職代行サービスって失敗のリスクあるのかな・・・

会社を辞められない時に助けもらえるのが『退職代行サービス』だけど、本当に退職できるのかな?失敗することってあるのかな?しんぱいなのでだれか詳しく教えてほしい。

お金払って失敗だと困る~

 

この記事では、退職代行サービスを利用する時にだれもが心配になる『失敗・トラブルのリスク』や、それを避ける方法を解説!おすすめの退職代行サービス会社も紹介します!

こんな人に向けて書いています。

  • 退職代行サービスを利用しようか考えてる人
  • 退職代行サービスの『失敗やトラブル』が不安な人
  • 退職代行サービスのおすすめを知りたい人

 

記事をしっかり読むと、失敗しない退職代行サービスの選び方がわかります。

 

『退職代行』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

会社を辞めさせてくれない時の対処法
 ⇒【会社を辞めさせてくれない!】ケース別の対処法と最終手段とは?
 ⇒【退職引き止め】しつこい!断り方・対処法※慰留ハラスメントなの?
 ⇒【仕事・会社を辞めたい】言えない・勇気なさすぎなら退職代行を使おう!

 

退職代行サービスのメリット/デメリット
 ⇒【職代行サービスとは?】辞める時に利用するメリット/デメリット!

 

退職代行サービスの安値、相場
 ⇒【退職代行】サービスのおすすめ人気業者と最安料金!決めるなら・・・
 ⇒【退職代行サービスの料金相場】安い業者と高い業者どっちを選ぶ?
 ⇒【退職代行サービスおすすめ・ランキング】選び方と気になる料金も掲載!

 

退職代行サービスのよくある疑問
 ⇒【退職代行サービスの疑問!】引き継ぎ・有給消化・退職金どうなる?
 ⇒【退職代行は弁護士法違反?】問題なく会社を辞めるられる理由とは?
 ⇒【弁護士と退職代行サービス】メリットとおすすめは?【辞めたい!】
 ⇒【退職代行サービス・一般系・労働組合系と弁護士系の違いとは?】

 

退職代行で失敗・トラブルのリスク
 ⇒【退職代行で失敗・トラブルのリスク】想定されるケースと避ける方法とは?
 ⇒【退職代行の利用で会社から損害賠償・懲戒解雇!】されるリスクは?

 

退職代行は派遣・契約社員・アルバイト・パートも利用可?
 ⇒【退職代行は派遣・契約社員も利用可?】契約期間中はどうなる?
 ⇒【退職代行はアルバイト・パートもOK?】苦痛から脱出しよう!

 

※退職代行関連記事まとめ
 ⇒【退職代行サービスの利用方法】仕事・会社を辞める!完全まとめ【大特集】

 

『退職代行サービス』の失敗はほぼ無し!

人気のある退職代行サービスに失敗はほぼ無し!

『ほぼ無し』ってなると、少しあるの?ってなりますが、依頼者が途中で退職から休職に変更したので成功してない例になってしまったようです。なので、失敗ではないのが実情。

いま、『退職代行サービス』は、どんどん増えてきていますので、これから先悪質なところが出てくるかもしれないですね。

流行のサービスには、いろんなところから参入してきますので、非常識な運営会社もこれ以降は可能性があります。

 

有料な退職代行サービスを選ぶには、人気があって利用者の多いところを選択することが大切。

 

退職代行サービスはたくさんあります。悪質な業者を選ばないように注意!下の記事で利用者の多いおすすめの退職代行サービスを紹介してます、参考にしてくださいね!

 

退職代行で想定される失敗・トラブルって?

退職代行サービスは失敗がほぼ無いことを説明しましたが、考えられる失敗・トラブルを想定しておくことは大切です。

退職代行サービスをこれから利用しようとしている人はチェックです!

退職できなかった?

『退職代行サービスを利用したのに退職できなかった』なんてことが最悪の失敗ですね!

なにごとも、絶対ということがないように、依頼すれば100%ということはないです。

 

でも、いまのところ退職代行サービスの成功率は、ほぼ100%のようです。失敗例はあるようですが、退職できなかったわけではなく、『依頼者が途中で休職に切り替えた』ような場合のみだそうです。実質失敗ではないですよね!

 

退職は労働者の権利なのですから、本来失敗なんて絶対にないはずなんです。

 

退職代行サービスを利用したら、会社側が怒ってこじれてしまい退職がスムーズに進まなくなることも考えられます。

そういう意味でも、実績がある『退職代行サービス』を選ぶことが大切なんです!

 

退職ではなく解雇になる?

『退職代行サービスを利用したら、会社側が非常識にも、解雇にしてきた』こんなことが想定できます。

 

いまのところ、退職代行サービスを使ったことが理由で解雇になった例は無いようです!

会社側も、揉め事はできるだけ避けたいので退職代行サービスから連絡があれば普通はすんなり話が進みます。

 

会社から嫌がらせ?

非常識な会社では、退職代行サービスを利用することに対して敵意をむき出しにして嫌がらせをしてくることも想定されます。

嫌がらせの例

  • 必要な書類が送られてこない
  • 私物を返却してくれない
  • 転職先へと悪い評判を流される
  • 電話やメールが不必要に来る

一番困るのは『必要な書類が送られてこない』ことです。失業保険など手続きができないので困ります。

私物は、退職代行サービスを利用する前に持ち帰ればOKだし、転職先も教えなければ問題なし。

 

離職票など必要な書類を用意するのは会社の義務ですので、連絡すれば送ってくれるかも。催促してもダメならハローワークに相談し、対応してもらいます。

 

会社が損害賠償を請求?

絶対にないとは言えませんが、会社側の『訴える費用・時間・労力』を考えれば現実的ではないので、ほぼ無いでしょう。

可能性としては『急な退職となったので業務に支障が出たため、損害が発生』と言い張ることも。

 

現実的には、ほぼ無いと考えられます!

だって、揉め事があると会社の信用を落としますし、『ブラック企業』とSNSに書き込まれたら損しちゃいますから

 

『退職代行サービス』の失敗を避けるには?

『退職代行サービス』の失敗を避けるには、会社(業者)選びです!

以下のような退職代行サービス会社を選んではいけません!

 

料金・値段がはっきりしない

退職代行サービスに限らないけど、『料金の表示が曖昧』だったり、『1万円~』みたいなのだと、いったいいくらなの?って心配。

他のに比べてやすいなーって感じて利用してみると、オプションの嵐でどんどん料金が膨らんだりします。

『即日対応+2万』、『連絡回数により追加料金』、『深夜対応+1万』・・・

 

『追加料金なし!!全てコミコミ』ってなっていたら安心できますよね!

 

料金相場より圧倒的に安い

現在、退職代行サービスの相場は2.5~3万くらいです。

安さをウリにして『1万』なんてなっていたら??

人気がなく利用数が少ない退職代行サービスは実績がないので『価格』で集客しようとします。そうなると、人件費が出なくなりますのでオプション作戦で客から搾り取ろうとします。

相場よりも、安すぎる退職代行には注意!

 

無料相談がいい加減

多くの退職代行サービスは、無料相談を受け付けています。

相談で話してみていい加減で信頼できそうにないところは避けましょう!

 

実績があり良心的な退職代行サービスなら、依頼者が大変な思いをしているからこそ無料相談に連絡してきてくれたことを理解してくれます。

 

『退職代行サービス』に詐欺はあるの?

今のところ、詐欺まがいな退職サービスは無いようです。

ただし、退職代行サービスの知名度が上がってきて新規に参入する会社が増えてくると、便乗して悪質な会社が出てきても不思議ではありません。

流行するものには、必ず悪質なことをする人が出てくるのが普通です。

ですので、退職代行サービスを選ぶ時は、悪質な会社を避けるためにも『人気があって利用者が多い』ところにしましょう。

 

『退職代行サービス』の成功とは言えない例!

失敗例を紹介したいところですが、いまのところ本当の失敗がないのです。

ですので、成功とは言えない例を紹介します。

退職を依頼中に気が変わって休職した例

退職代行サービスが依頼を受け、会社に退職を伝えたところ『休職も可能です!』と返答をうけたので依頼者に伝えたところ、休職を選んだため退職にはならなかった。

こんなふうに、退職代行サービスを依頼して退職に至らなかった例もあります。失敗とまでは言えませんが、退職としては成功してないですよね!

こんなこともあります!

 

『退職代行サービス』は違法なの?

退職代行サービスで話題になるのが、非弁行為です。

非弁行為は違法ですので、退職代行サービスが違法なのか解説します。

退職代行は非弁行為?

聞き慣れない『非弁行為』とは?

非弁行為(ひべんこうい):

弁護士以外が報酬を得る目的で代理として交渉すること。非弁行為は弁護士法違反。

弁護士ではない退職代行サービスが、会社と交渉することは、非弁行為にってしまうのです。

 

ですので、一般の退職代行サービスは交渉はしません『退職します』と意志を伝えるだけで、交渉ごとはしません。

交渉って?

交渉になる行為の例

  • 未払い賃金の支払い交渉
  • 有給休暇の消化交渉
  • 退職金の請求交渉
  • 慰謝料の請求交渉

これらの交渉は弁護士の仕事になります。弁護士は1件あたり、15万~らしいですよ。(ヒャー!)

ですので一般の退職代行サービスにこのような交渉を求めてもやってもらえないんです!

 

ところが、退職代行サービスの中には交渉ができるのもあります。

退職代行SARABA(サラバ) は、労働組合が運営しているため、会社との団体交渉権があり、交渉ができます。違法にならないで交渉できるなんてメリット大ですね。それでいて料金は一般の退職代行サービスと同じ!

利用者がとても多くおすすめです!

 

即日退職は違法?

退職代行サービスは即日退職をウリにしているけど、そんなことって本当にできるの?

できる!

でも法律では

民法627条により、「労働者はいつでも退職を申し出ることができ、申出から2週間経過することによって、雇用関係が終了する」となっています。

わかりやすく言うと『退職を伝えてから2週間前後に退職できる』となります。これでは、即日退職はできませんよね、最低2週間かかりそう。

※即日退職にする2つ方法があります

  • 退職代行サービスが退職を伝えてから2週間以上、有給休暇を完全消化
  • 有給が2週間無い時は、欠勤にする

ですので、正確には即日退職ではなくて『即日出勤なし』か『実質即日退職』ですね!

 

気になる点は、会社の就業規則で多い『退職の1ヶ月前までに退職を伝える』がありますが、どうなんでしょう。

これは、就業規則であって法律ではないので法律の『2週間前の退職申し出』が優先されます。

 

『退職代行サービス』でトラブルを避けるためには?

トラブルを避けるには、『人気があって利用者が多い』ところを選びましょう。

退職サービスを選ぶポイント

  • サービス料金:安すぎたり、曖昧な料金表示は避ける
  • 退職成功実績:100%が普通、実績が書いてないのは避ける
  • サポート力:退職を伝えるだけでなく、連絡を取り次いでくれたりしてくれるか?
  • 返金保証の有無:万が一退職がうまく行かなかった時の返金保証
  • 専門性:信頼して任せられる法律知識があるか?

それぞれの選ぶポイントの詳細は⇒退職代行サービスの選び方のポイント

 

失敗しない退職代行サービスTOP3

人気があって利用者が多い退職代行サービスの3社を紹介します。

どこの退職サービスを利用したらいいか迷ったら、この中から選んでおけば間違いなしです!

『退職代行SARABA(サラバ)』労働組合が運営

料金 相談 返金保証
27,000円 無料 あり

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

退職代行SARABAの有利なところは、労働組合(ユニオン)が運営していることで、団体交渉権があり、一部の『交渉が可能』です。

すべての交渉ができる弁護士事に依頼するとなると、何倍も料金がかかりますが、SARABAなら一般的な退職代行サービスと同じ料金でOK。

弁護士以外で、交渉ができるのはSARABAだけなんです。

ASARABA(サラバ)
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社ワン
※退職代行の実行は退職代行SARABAユニオン

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

『退職代行Jobs』 

料金 相談 返金保証
29,800円 無料 あり

退職代行Jobs公式サイトサイトへ

 

顧問弁護士の指導を受けて適法なサービスを行っているのが『退職代行Jobs』。

追加料金一切なしの料金は29,800円と良心的、安心して依頼できます。 対応してもらえる時間は、24時間365日全額返金保証でもあるので安心です。

↓顧問弁護士からのメッセージ

退職代行Jobs
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社アイリス

退職代行Jobs公式サイトサイトへ

 

退職代行ニコイチ

料金 相談 返金保証
27,000円 無料 あり

退職代行ニコイチ公式サイトへ

 

『退職代行ニコイチ』は、創業から16年、いままでに18,390人の退職に成功、100%の成功率を継続中!長年の実績と、多くの利用者がある退職代行サービスです!

追加費用無しの27,000円で料金も良心的、退職が完了するまでフルサポートとしてもらえます。

営業時間も7~23時半と、待たずに相談できます。

退職代行ニコイチ
即日対応 可能
対応時間 7~23時半
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済・現金
運営会社 株式会社ニコイチ

退職代行ニコイチ公式サイトへ

 

『退職代行サービス』の失敗リスクはとても少ない!

この記事で紹介したように、退職代行サービスを利用して退職に失敗することは、ほぼ無しなんです。『途中で退職から休職に変更』したりという失敗とは言えないような例もありますが、退職しようとして退職できないことは無いようですので安心です!

『退職を伝えたのに退職の手続きを進めてくれない・・・』、『もう絶対に会社に行きたくない!』、『どうしても退職を言い出せない』というような状況なら、退職代行サービスに相談して考えてほしいです。

相談は無料なので、話をしてみて良さそうだったら依頼すればいいのです。

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm