【退職代行は弁護士法違反?】問題なく会社を辞めるられる理由とは?

07/09/2021

会社を辞めたい時に使う退職代行サービスって弁護士法違反なの?

会社に退職を伝えてもらえる便利な『退職代行サービス』だけど、弁護士法違反(非弁行為)かもってネットで見たことがある~。利用すると問題なのかな?それとも弁護士のポジショントーク?だれか詳しく教えてほしい。

ちょっと心配~

 

この記事では、退職代行サービスが『弁護士法違反(非弁行為)なのか、どうして疑問をもたれやすいのか?違反してしまう場合があるのか』をやさしく解説します。利用するか迷っているなら最後まで読んでみて!

こんな人に向けて書いています。

  • 退職代行サービスを利用しようか考えてる人
  • 退職代行を利用する時の注意点やリスクを知りたい人
  • みんなどうしているのかな?

 

記事をしっかり読むと、退職代行サービスの内容がわかり、利用する時の不安がなくなります。

 

『退職代行』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

会社を辞めさせてくれない時の対処法

退職代行サービスのメリット/デメリット

退職代行サービスの安値、相場

退職代行サービスのよくある疑問

退職代行で失敗・トラブルのリスク

退職代行は派遣・契約社員・アルバイト・パートも利用可?

※退職代行関連記事まとめ

『退職代行サービス』は弁護士法違反(非弁行為)?

正しく運営している『退職代行サービス』会社なら、弁護士法違反(非弁行為)にあたることはしていないと考えられます。

弁護士法違反(非弁行為)って?

非弁行為とは?

弁護士以外の人が報酬目的で他人と交渉したり法律相談すること。非弁行為は弁護士法72条で定められています。

簡単に言うと、弁護士じゃない人がお金をもらって代理で交渉するのはダメってこと。(司法書士は一部例外あり)

 

それなら、退職代行サービスは弁護士じゃないとできないの?って思いますよね。

退職代行サービスは代理で退職を伝えるだけで、交渉はしないんです。

だからOK!

 

退職代行サービス会社の多くは弁護士法違反(非弁行為)にならないよう顧問弁護士の指導の元、運営してます。

ですが、すべての退職代行サービスが慎重に運営しているか?はわかりませんので利用する時の会社選びは注意が必要です!

もしも、行き過ぎたサービスを行っている退職代行サービスに依頼してしまったら弁護士法違反(非弁行為)のトラブルになってしまうかもしれません。

 

ところが、退職代行サービスの中には交渉ができるところもあります。

退職代行SARABA(サラバ) は、労働組合が運営しているため、会社との団体交渉権があり、交渉ができます。違法にならないで交渉できるなんてメリット大ですね。それでいて料金は一般の退職代行サービスと同じ!

利用者がとても多く人気があり、おすすめです!

 

『退職代行サービス』が弁護士法違反(非弁行為)にならないのはなぜ?

説明したとおり、ちゃんとした『退職代行サービス』は交渉ごとをしないで退職の意志を伝えるだけなので弁護士法違反にはならないんです。

退職代行サービスができる内容

  • 依頼者の『退職したい意志』を伝える
  • 依頼者に『退職に伴う必要書類を郵送してほしい』ことを伝える

退職する時は、源泉徴収票や離職票など退職に伴う書類を受け取る必要があります。でも、依頼者は二度と会社に行きたくない場合がよくあり郵送して貰う必要があります。

 

普通の『退職代行サービス』ができないことは以下のことです。

退職代行サービスができないこと

  • 未払い賃金の支払い交渉
  • 有給休暇の消化交渉
  • 退職金の請求交渉
  • 慰謝料の請求交渉
  • ハラスメント・パワハラに対する慰謝料請求
  • 損害賠償請求への対応
  • 退職届などの書類作成

交渉・請求・書類作成ができないんです!

退職代行サービスは、代理として退職の意志を伝えるだけで正式な退職の手続きとしての退職届は本人が作成し郵送で届けることになるので問題ないのです。⇒退職届テンプレート・ダウンロードと郵送のしかた

 

退職届のテンプレート・ダウンロードと書き方、郵送方法を詳しく解説!

 

『退職代行サービス』の法律違反のリスクって?

一般的な退職代行サービスの法律違反のリスクは、退職の意志を伝える以外に『交渉・請求・書類作成』を行ってしまうことです。

未払い賃金の請求や有給を消化の交渉などは、弁護士事務所や労働組合(ユニオン)が運営する退職代行SARABA(サラバ) ならOKなのです。

 

利用者が多く実績のある人気の退職代行サービスは、顧問弁護士の指導のもと、適切に運用しているので法律違反をするような事はありませんので安心です。

一般の退職代行サービスに『未払い賃金の請求をお願いします』ってお願いしても受け付けてくれないはず。

 

ぶっちゃけ、どこの退職代行サービスにするか悩むなら退職代行SARABA(サラバ)を選んでおけば間違いなし!

料金も良心的で、交渉もできるのでリスクを考えるなら一番のおすすめです!

 

法律違反の恐れがある『退職代行サービス』の見分け方!

選び方を間違えて悪質な『退職代行サービス』に依頼してしまったら、たいへんです!

退職がスムーズにできず、トラブルになったら最悪。

ここでは、法律違反の可能性がある『退職代行サービス』の見分け方を説明します。

悪質な退職代行サービス会社の見分け方

  • 価格が明らかに安すぎる
  • 公式ホームページが無い
  • 代表者・住所などの企業情報が無い
  • 連絡先がLINEやTwitterのみで電話なし
  • 法人ではない

人気があって実績がある退職代行サービスなら、上記のようなことは当てはまりません!

優良な退職代行サービスなら公式ホームページがあり、料金・サービス内容・企業情報、その他がちゃんと記載されています。

 

それと、退職代行サービスの料金相場は2.5~3万円くらいで、多いのは3万前後です。

極端に安い料金には注意⇒『退職代行サービス』の料金は安ければいい?

 

『退職代行サービス』は弁護士(法律事務所)に頼むべき?

退職代行サービスの需要が増えてきているのをみた弁護士(弁護士事務所)も参入してきてます!

弁護士なら、どんな交渉もできるから安心ですね。

でも、弁護士ってすごーく料金高いイメージがあるけど・・・

弁護士に退職代行を依頼するデメリット

  • 料金相場が高い
  • 即日対応が難しいことも

 

退職代行サービスの料金相場は2.5~3万円くらいで、多いのは3万前後。それに比べて弁護士だと数倍はかかる!

退職代行サービスでは追加料金無しが多いけど、弁護士だと『相談料』、『着手金』、『成功報酬』なんてのがあり気が遠くなる・・・

 

なので、パワハラ・モラハラなどの損害請求みたいな難しいのは弁護士に依頼するのがいいけど、退職したいだけなら退職代行サービスで十分ですし、料金もリーズナブルで良心的!

 

弁護士と退職代行サービスに退職代行を依頼するメリット・デメリットを解説。おすすめはどっち・・・

 

非弁行為を回避できる優良な『退職代行サービス』!

人気があって利用者が多い退職代行サービスの3社を紹介します。

どこの退職サービスを利用したらいいか迷ったら、この中から選んでおけば間違いなしです!

『退職代行SARABA(サラバ)』労働組合が運営

料金 相談 返金保証
25,000円 無料 あり

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

『退職代行SARABA』は、労働組合が運営していることから団体交渉権があり、一部の『交渉が可能』なことです。

料金も良心的な25,000円で、退職が完了するまでフルサポートしてもらえます。SARABAなら交渉できるのに料金は一般的な退職代行サービスと同じです。

弁護士以外で、交渉ができるのは労働組合が運営している退職代行サービスだけです。

ASARABA(サラバ)
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社ワン
※退職代行の実行は退職代行SARABAユニオン

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

『退職代行ガーディアン』労働組合が運営

料金 相談 返金保証
29,800円 無料 なし

退職代行ガーディアン公式サイトへ

 

『退職代行ガーディアン』は、東京労働経済組合が運営する退職代行サービス。運営しているのが労働組合なので交渉ができる数少ない退職代行サービスの一つです!

料金も良心的な29,800円で、退職が完了するまでフルサポートしてもらえます。

対応も365日、つまり土日も関係なく相談できます。

退職代行ガーディアン
即日対応 可能
対応時間 365日、24時間
対応方法 電話・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 東京労働経済組合

退職代行ガーディアン公式サイトへ

 

『退職代行Jobs』 

料金 相談 返金保証
29,800円 無料 あり

退職代行Jobs公式サイトサイトへ

 

顧問弁護士の指導を受けて適法なサービスを心がけているのが『退職代行Jobs』。

料金は29,800円と良心的、安心ですね。 受付時間も、24時間365日全額返金保証もあり安心です。

↓顧問弁護士からのメッセージ

退職代行Jobs
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社アイリス

退職代行Jobs公式サイトサイトへ

 

『退職代行』は法律をちゃんと守る優良な会社に依頼!

退職代行サービスは、ちゃんとした会社であれば弁護士法(非弁行為)に違反しないようにしながら退職させてくれるはず。

そういった意味でも退職代行サービスを依頼する会社を選ぶ時は、実績があって人気があるところにしたほうが安全です。

どこにするか悩んだら、この記事で紹介した3社を選んでおけば心配なしです!

 

退職代行サービスはたくさんあります。悪質な業者を選ばないように注意!下の記事で利用者の多いおすすめの退職代行サービスを紹介してます、参考にしてくださいね!

 

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm