【試用期間中に即日退職】できるケースと辞める方法はこれ!マジ?

試用期間中即日退職・・・

入社しても最初は試用期間なので仕事が合わなかったらすぐ辞められるのかな~。 だれか教えてほしい~。

試用期間って~。

 

この記事では、入社後の試用期間に『即日退職』できるケースと辞める方法を解説します。

こんな人に向けて書いています。

  • 試用期間だけど会社をやめたい人
  • 仕事が合ってないので試用期間中の転職を考えている人
  • みんなどうしてるのかな?

 

記事をしっかり読むと、試用期間中に『即日退職』する方法がわかります。

 

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『仕事を辞めたい』関連記事リンク 合わせて読みたい!

 

仕事を辞めたい人に向けた人気記事
 【仕事辞めたい】ワースト7の理由と「うつ」になる前の対処法とは・・・
 ⇒【仕事を辞める決断】転職は逃げなの?勇気が必要な理由って・・・なぜ?
 ⇒【仕事辞めたい病】理由と転職決断の前にやるべきこと【勇気を!】
 ⇒【仕事ができない・辞めたい人】の特徴と対処法!辛いなら転職も・・・
 ⇒【正社員が即日退職】できるの?すぐ会社を辞める方法は〇〇だった!
 ⇒【試用期間中に即日退職】できるケースと辞める方法はこれ!マジ?
 ⇒転職診断【30秒】で探す!あなたに最適な転職エージェント

 

働き始めで仕事を辞めたい人に向けた人気記事
 【仕事辞めたい!新卒の新入社員】転職を決断する前の注意点とは・・・
 【試用期間中に退職⇒転職】仕事を辞める前に知るメリット・デメリット

 

結婚・妊娠で仕事を辞める人に向けた人気記事
 【結婚して仕事辞めたい】いいこと・悪いことは?退職して転職もあり・・・
 【結婚前後の転職】男女別、有利・不利なタイミングと理由とは・・・ 
 ⇒妊娠で仕事を辞めたい】働き続ける理由&退職も甘えじゃない!

 

『辞めたい』は甘えかチェックする人気記事
 
【甘え?】仕事を辞めたいと思った時、転職理由を判断してみたら・・・
 ⇒【年収診断】あなたの適正年収が簡単にわかる!市場価値がまる見えに

 

辞められない時の対処法の人気記事
 ⇒【退職代行サービスおすすめ・ランキング】選び方と気になる料金も掲載!
 ⇒【仕事辞めたい】言えない理由と言い方伝え方・タイミングは?勇気いる~
 ⇒【会社を辞めさせてくれない!】ケース別の対処法と最終手段とは?
 【退職引き止め】しつこい!断り方・対処法※慰留ハラスメントなの?

 

即日退社するには?
 【退職代行サービスの疑問!】引き継ぎ・有給消化・退職金どうなる?

 

仕事を辞めたい時の対処法
 【人間関係リセット】疲れた・仕事を辞めたいを相談する理由って?・・・
 【辞めて転職したい】仕事のストレス症状が限界!解消法5つとは・・・
 【仕事のプレッシャー】逃げたい・辞めたい⇒数十年耐えていくには?
 ⇒【仕事がつまらない症候群】辞めたいけど転職しないデメリットとは?
 ⇒【仕事探し】辞めたい【行きたくない】辛い【ストレス】なら転職する?

 

仕事を辞めたい特集
 ⇒【仕事を辞めたい特集】退職を考えた時チェックすべき記事のまとめ!

 

試用期間に『即日退職』したい人は多いの?

入社してすぐは試用期間3~6ヶ月がある会社がほとんどです。その期間が経過すると本採用になります!

でも、その試用期間に退職したくなる人って意外と多いのです。

試用期間にありがちな退職理由

  • 仕事が合っていない
  • 人間関係の問題
  • ハラスメント
  • 労働条件が説明されていたものと違う

新卒ならなおさらです。始めて働くのだから今までの学校生活と違い、それだけでストレスになることも・・・

入社した会社のすべてが良識ある職場とは限らないのが実情で、試用期間中に人間関係やハラスメントで長く続けていけないと感じてしまうことも。

配属先によっては、『仕事が合っていない』ことも普通です。しばらく我慢して配属先の変更依頼をしてみましょう。

会社の中に興味がある仕事があればいいのですが、そうでない場合や異動が出来ない場合は転職も検討します。

 

ハラスメントや労働条件が違っていたら退職したいと思いますよね。

でも実際には、試用期間中の『即日退職』は難しい。これから説明していきますね!

 

試用期間中に退職するのはメリットとデメリットがある!下の記事で確認できます!

 

試用期間中の『即日退職』ってできるの?

試用期間中の『即日退職』ってできるのでしょうか?

2週間以上の期間が必要

退職までの期間は法律で決まっていて『退職の2週間前までに退職の意志を伝える』必要があります。

これは正社員も試用期間中でも同じ、そうなると、今日辞めますっていう『即日退職』はできないことになります。

 

さらに、会社の就業規則には『退職の1ヶ月前に退職を申し出る・・・』との記載があるのが普通です。会社によっては1ヶ月よりも長い期間の場合もあります。

 

ですが、法律や就業規則で決まっていても『即日退職』できる場合もありますので後で説明します!

 

退職までの期間は下の記事で詳しく説明してます。知らないとヤバい!

 

『ばっくれ』退職はダメ!

試用期間の『即日退職』が難しいってなると、『ばっくれ』てしまえばいいのでは?って思ったりします。

でも、『ばっくれ』はおすすめしません!

 

マナー違反だし無責任、なによりも自分が損をするリスクが高いです!

『ばっくれ』のリスク

  • 捜索願を出され大事に
  • 懲戒解雇の可能性
  • 損害賠償の請求の可能性

普通に退職したほうがリスク無しです!

 

『ばっくれ』は無責任!その後どうなるのか下の記事で確認しておこう!

 

試用期間であっても『即日退職』できるケース

試用期間中でも退職するには2週間かかるのですが、条件によっては『即日退職』できることもあります。

ケガや病気などで会社と合意が得られた場合

直属の上司に即日退職をしたいことを話し、会社側が了承し合意できれば『即日退社』が出来ます。

レアなケースですが、働き続けることが出来ないと判断してもらえば可能性があります。

 

ハラスメント、長時間残業などで労働環境が劣悪な場合

ハラスメント、長時間残業などで労働環境が劣悪な場合で、会社側に原因があるなら、『即日退職』できる可能性があります。

このような場合、労働基準監督署に相談してみる!

企業が労働基準法を守ってないばあいは試用期間中であっても退職できることも。

 

パワハラで退職する前に下の記事の注意点を知っておこう。損しないように!

 

入社14日以内(2週間以内)に解雇された場合

会社から解雇された場合『即日退職』になります!ヤバい!

入社し、試用期間がスタートして14日以内(2週間以内)に会社から解雇を言い渡されたら即日解雇になります!

即日退職とは少し違うけど、会社側は一方的に解雇できます!

 

試用期間に『退職代行サービス』利用で即日退職する

『即日退職』する方法を解説してきましたが、ちょっと難しなって思った人も多いかも!

退職までは基本的に、2週間は必要。でも便利なサービスがあります!!

『退職代行サービス』

退職をあなたに代わって会社に伝えてくれるサービスで、利用する人が増えています。

退職代行サービスを使えば『即日退職』が可能になるかも。

 

退職代行サービスに依頼すれば、退職を伝えてくれるだけでなく、会社と本人がやり取り直接することなくて済むので会社の人と話したくない場合には助かります。

退職代行サービスの多くは依頼した日に対応してくれているので依頼したその日から会社に行かなくて済むようになることも。

 

料金は2.5~3万円です、退職代行サービスでの退職成功率は、ほぼ100%なので安心!

 

おすすめ『退職代行SARABA(サラバ)』労働組合が運営

料金 相談 返金保証
27,000円 無料 あり

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

『退職代行SARABA』は、労働組合が運営していることから団体交渉権があり、会社との『交渉が可能』なことが特長です。弁護士に依頼すれば交渉ごとが出来ますが、料金は数倍にもなり現実的ではありません。

SARABAの料金は良心的な27,000円で、退職が完了するまでフルサポートしてもらえます。SARABAなら交渉できるのに料金は一般的な退職代行サービスと同じです。

弁護士以外で、交渉ができるのは労働組合が運営している退職代行サービスだけです。

ASARABA(サラバ)
即日対応 可能
対応時間 24時間
対応方法 電話・メール・LINE
支払い方法 銀行振込・カード決済
運営会社 株式会社ワン
※退職代行の実行は退職代行SARABAユニオン

退職代行SARABA(サラバ)公式サイトへ

 

その他人気のおすすめ退職代行サービス

最も人気がある退職代行サービスを3社紹介します。

相談は無料なので問い合わせて話してみましょう!

サービス名 料金(税込み) 成功率
SARABA(サラバ) 27,000円 ほぼ100%※
退職代行Jobs 29,800円 100%
退職代行ガーディアン 29,800円  100%

※依頼者が休職することにしたため

 

『退職代行サービス』の選び方と気になる料金を紹介しています!

 

試用期間の『即日退職』 転職先を決めておく!

試用期間の『即日退職』は難しいけど、状況によっては会社の同意が得られることも。

『退職代行サービス』の利用でなんとかなる可能性もあります。

 

退職するなら、転職先を決めておいたほうがいい。

精神的に辛くてとにかく辞めたいっていう場合はしかたないけど、できれば退職前に転職先を見つけておくべき。

【転職活動は在職中?退職後?】企業側の印象に差があるの?得なのは? 

 

 

できれば退職前に、今度こそ自分に合った転職先を見つけよう!『転職エージェント』を利用すると成功しやすいのでおすすめ!

 

仕事をやめたいのに言い出せない人って意外と多い。下の記事で言えない理由と対処法をチェックしてくださいね!

今月の人気転職エージェントランキング

 

  1. doda(デューダ)
    非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
    ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
     https://doda.jp/
     
  2. リクルートエージェント
    業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
    ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
     https://www.r-agent.com/
     
  3. マイナビエージェント
    大手で定番の転職エージェント
    ※約80%が非公開求人。20〜30代に転職サポートに強い!
     https://mynavi-agent.jp/
     
  4. パソナキャリア
    大手で女性に寄り添った転職支援が特長、転職後の年収アップ率が67.1%
    ※約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
     https://www.pasonacareer.jp/
     
  5. ビズリーチ
    年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
    ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
     https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

仕事

Posted by cosm