【実態】フリーランスエンジニアのストレスきつい・厳しい3選!【対処法も】 

09/01/2020

自由なフリーランスエンジニアになっても、ストレスってあるのかな?

フリーランスになる前に知っておきたい。

  • どんなストレスがある?
  • 解消はどうしている?

 

この記事では、フリーランスエンジニアならではのストレスと対処法をお伝えします。

 

フリーランスエンジニアのストレス3選

フリーランス = 時間と場所を選ばない自由な働き方 
なので、『ストレスフリー』だったはずなのに。

フラーランスエンジニア、ストレス3選(きつい・きびしい)

 

  1. クライアントからのストレス
  2. 常駐案件ばかりだと自由を感じられない
  3. 配偶者の心配からくるストレス <ー 収入が安定しない

 

1、クライアントからのストレス

収入源のクライアント(依頼主)からのストレスが一番大きいのが実情。

仕事をすすめる上で連絡するたびストレスになる。

 

途中で仕様変更が入っても「スケジュールキープよろしく
「ちょっとの変更だから追加見積もりなしでなんとかして

プログラミング素人の担当者だったらこんなの普通にあります。

 

継続案件もらいたいから我慢しよう。

繰り返すと精神消耗で疲弊。

 

あなたのストレス・レベルをチェックしてみよう。

5分でできる職場のストレス セルフチェック(無料)

働く人の疲労度蓄積チェック(無料)

 

 

2、常駐案件ばかりだと自由を感じられない

求人サイトで案件探してみると常駐案件が多く単価も良さそうなので常駐で始める。

コミュニケーションはやりやすいけど、自分の周りの社員はお客様。
会社員時代よりも、よけいに緊張する。

常駐って自由がなく消耗する。

 

3、配偶者の心配からくるストレス 

独身の人はこのストレスはありません。

フリーランスって月給が決まっているわけじゃないので収入が不安定。

収入が安定しないと配偶者(パートナー)の女性はご機嫌が安定しないです。
パートナーがストレスを感じ、そのストレスがあなたに伝わってストレスとなります。

普通の女性は安定が何よりも大事。
収入が不安定だと、明日と将来が心配でどうにもならなくなります。

これ、かなりきついですよ!

 

フリーランスに向いているか自己判断しよう!

 

フリーランスエンジニアのストレス解消法

 

1、「クライアントからのストレス」への対処

案件に固執しないで

今のクライアントに疑問や不満があって、我慢しているけどどうしても納得できないようなことがあります。

 

理不尽なことが続くことによるストレスで消耗してフリーランスエンジニアを続けられなくなったら大損です。

 

会社員なら簡単に辞めるわけにはいきませんが、雇われていないフリーランスは1つのクライアントに固執する必要はありません。契約期間が終わったら他に移りましょう。

心の安定のために「この案件が終わったらこのクライアントをもお別れだ・・・バイバイ」ってその日を楽しみにしましょう。

これがフリーランスのメリットでもあります。

 

2、「常駐案件ばかりだと自由を感じられない」の対処

対処法

『フリーランス = 時間と場所を選ばない自由な働き方』を実現する。

 

「どこでも仕事ができる」が実現できると満員電車なんて関係なし。
でも、精神力が必要なのも確か。誰も叱ってくれないので「さぼったら」負け。

 

時間と場所を選ばない自由な働き方 = リモートワーク

 

リモートワークの案件が多い求人サイトで案件を探すのがおすすめ。

こちらも参考にしてください。

 

3、「配偶者の心配からくるストレス」の対処

対処法2つ

1、独身の間にフリーランスエンジニアになることが理想。

2、すでに結婚しているなら、フリーランスエンジニアを諦める。

こうすれば間違いないです。

 

独身の間にフリーランスになり、フリーランスの厳しい期間を乗り越えておく。
安定して稼げるようになってから結婚する。

そのためにはタイミンが大切で「フリーランスエンジニアが独立するのにおすすめなタイミングとは?」にまとめていますので御覧ください。

 

結婚しているけどフリーランスエンジニアになりたい人は安全第一です。
手順を踏んでフリーランスエンジニアになる方法

 

究極のストレス解消法 ー> 仕事しないで収入を得る

資産を作ることです。

資産 ⇒ あるだけでお金がチャリンチャリンと発生するもの

仕事しないで収入があれば、9割のストレスは解消されます。たぶん

 

資産があったら会社員やフリーランスなんてやってないよ!

そりゃそうです、なので資産を作ります。

 

フリーランスエンジニアが資産を作るのは、『稼ぐ仕組み』です。

 

  • ブログ発信
  • Youtube発信
  • フリーランス・デザインハウス運営
  • スクールを経営
  • Webサービス
  • フリーランス向け求人サイト運営

この中で一番ハードルが低くて可能性があるのはブログ

ただし、ブログで稼げるようになるのは1年程度かかるのが普通です。
なので、フリーランスエンジニアの案件をこなしつつブログで「稼ぐ仕組み」を作っていくのがおすすめです。

ブログにアフィリエイト広告を埋め込んで仕組みを作ってしまえば、ブログ・サイトに訪れた人が広告をアクセスするたび、申し込みをするたび『チャリーン』です。

 

 

ブログにアフィリエイト広告貼って稼ぐ事始め

 

失敗しないブログのコツ

まとめ:【実態】フリーランスエンジニアのストレスきつい・厳しい3選!【対処法も】 

※フリーランスエンジニアのストレス3選

  1. クライアントからのストレス
  2. 常駐案件ばかりだと自由を感じられない
  3. 配偶者の心配からくるストレス <ー 収入が安定しない

※フリーランスエンジニアのストレス解消法

  1. 案件・クライアントに固執しないで
  2. リモートワーク案件を探す
  3. 独身の間にフリーランスエンジニアになることが理想

※究極のストレス解消法 ー> 仕事しないで収入を得る
 ⇒資産を作る(仕組み)

ストレスが溜まったら休みましょう。

フリーランスエンジニアって働いただけ収入が増えるので休めなくなりがち。

フリーランスエンジニアは休む必要あり「フリーランスエンジニアが忙しい現実!生活労働時間と自由な時間を分けるには?」にまとめてますので御覧ください。

 

それではまた。

人気記事

 

仕事

Posted by cosm