志望動機は履歴書と職務経歴書に同じことを書けばいいの?違いは?

02/20/2021

志望動機って履歴書職務経歴書に書くらしいけど・・・

同じことを書けばOKなのかな~。履歴書だけの提出ならいいけど、職務経歴書も提出する場合、全く同じ志望動機ってダブっちゃうけどいいの~、どうしたらいいのか、だれか教えてほしい。

悩める~

 

この記事では、『志望動機って履歴書と職務経歴書の両方に書くべきなのか?、書くとすればどう書くか?』をやさしく解説します。

こんな人に向けて書いています。

  • 履歴書に志望動機を書いたのに、職務経歴書にも書くのか悩んでる人
  • 同じことを書くのか、書き方で悩んでいる人
  • みんなどうしてるのかな?

最後まで読むと、志望動機を履歴書と職務経歴書にダブって書く意味と正しい書き方が、すっきりわかります。

 

履歴書は下のページでダウンロードできます!

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

『履歴書』の各項目の書き方 合わせて読みたい

 

履歴書・ダウンロード

履歴書の送付状・添え状ダウンロード・封筒の書き方

求人応募メールの書き方

履歴書 各欄の書き方

履歴書の書き方・退職と退社の違い

履歴書の証明写真、職務経歴書、注意ポイント

証明写真の撮り方

履歴書のサイズ・手書き?パソコン?

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書・職務経歴書の書き方完全まとめ!

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機をなぜ書く?

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機をなぜ書くべきなのか解説します。

おすすめは、両方の書類に志望動機

履歴書しか提出しない場合は、志望動機は1回書くだけです。

でも、転職では『履歴書と職務経歴書』を提出することが多く、その場合は志望動機を職務経歴書にも書くことをおすすめします。

志望動機欄の文字数

  • 履歴書:150~250文字
  • 職務経歴書:250~350文字

履歴書の志望動機欄は枠も小さいので、書ける文字数も限られますが、職務経歴書はフリーフォーマットですので自分の経歴を絡めた説明ができアピールしやすいです。

職務経歴書では、志望動機をさらに細かく説明できます。

 

職務経歴書の志望動機のほうが見てもらえることも

転職の場合、履歴書と職務経歴書を提出することが多く、企業としては実際の仕事の経験・実績を評価する傾向があります。

ですので、履歴書よりも職務経歴書のほうがじっくり見てもらえる可能性のほうが高いんです。

 

もしも、履歴書だけにしか志望動機が書いてないと、最悪、見てもらえないかも。

こんなことを想定して、じっくり見てもらえる方の職務経歴書にも志望動機を書きアピールするのです。

 

IT転職に強い転職エージェントを見てみる!

志望動機の内容は履歴書と職務経歴書で同じでいいの?

志望動機は、履歴書と職務経歴書で同じ内容でOK。

同じ人が同じ企業を志望しているのですから、書類が違っても同じ内容でないとおかしいです。

ただし、書く内容が同じでも、職務経歴書のほうが充実しているようにします。

志望動機の書き方

  • 履歴書の志望動機はダイジェスト版(完全版を要約したもの)
  • 職務経歴書の志望動機は完全版

履歴書に書いた志望動機をそのまま職務経歴書にコピーするのではだめです。

次に正しい志望動機を書く順番を説明します。

 

履歴書・職務経歴書の志望動機の書き方

履歴書・職務経歴書の志望動機の書き方の手順を説明します。

先に「職務経歴書」、それから「履歴書」の順番に書く

志望動機は、職務経歴書を先に書き完全版にする。

その後、ダイジェスト版(完全版の要約)として短くし、履歴書に書きます。

 

完全版を短くするほうが簡単、逆に短い文章を長くしようとすると、無理にいらない単語を追加したりして簡潔明瞭からは遠くなります。

文章の文字数を減らす方向なら、そんなに悩まなくてもできそうですよね!

 

履歴書用に短くする時、アピールするキーワードは削っちゃだめ

職務経歴書の志望動機(完全版)を短くして履歴書用のダイジェスト版(完全版の要約)を作成する時に、アピールするキーワードは削らないように注意!

具体的には、数字や固有名詞は残します。

※目に留まりやすい固有名詞

  • サービス名、政策名、商品名など

 

削ってもアピールに影響しにくいワードを削って短くします。

 

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

履歴書・職務経歴書の志望動機を書くときのNG例

履歴書・職務経歴書の志望動機を書くときに注意しないとやってしまうNG例を紹介します!

 

『〇〇に記載』のような省略はダメ!

履歴書と職務経歴書の志望動機は、同じ内容でダイジェスト版、完全版を記入します。

でも、面倒なので履歴書の志望動機欄に『職務経歴書に記載』なんて書いてはダメです。

 

手抜き感を採用担当者が感じ取ってしまい悪い印象になります。

履歴書にダイジェスト版の志望動機を書き、さらに最後に『詳細は職務経歴書に記載しております』を追加するべきです。

 

履歴書と職務経歴書で志望動機の内容が違ってはダメ!

同じ人が同じ企業に応募するのに、履歴書と職務経歴書で志望動機の内容が違ってはダメ!

採用担当者が混乱するし、最悪『この人どうかしている?』って思われます。

 

ありきたりの志望動機になっている

履歴書・職務経歴書を多くの企業に提出するため、どこの企業でも通用するような『ありきたりの志望動機』しか書いていないのはNG!

NGな志望動機例:『貴社の経営理念に共感し、ぜひ働きたいと思い応募しました』これならどこの会社でも経営理念があるので、使い回しができます。

固有名詞が入ってないので、どこに送っても文章的にはおかしくないけど・・・

 

採用担当者がこの志望動機を見て感じるのは『使い回しのありきたりの志望動機感90%以上』でだめだこりゃ!

採用担当者は数多くの志望動機を見ているから分かってしまうのです!

 

ですので、ちゃんと応募先の企業の情報を調べ、『こんな理由だから応募した』ことを明確に伝えましょう。

 

IT転職に興味がある人は、こちら!

志望動機は『勉強したい・学びたい』ではダメ!

志望動機に、『入社後は〇〇のスキルをアップしていきたい』のような自分の能力アップばかり書くとNGです。

なぜなら、企業は仕事をするところであって学校ではないからです。

 

いままでのスキル・能力・実績をアピールして、それらによって『貢献していきたい』と書きます。

 

志望動機の書き方を例文付きで説明しているので参考にしてね!

 

まとめ:志望動機は履歴書と職務経歴書に同じことを書けばいいの?

※志望動機は履歴書と職務経歴書の両方に書く

※職務経歴書に志望動機の完全版、履歴書にはダイジェスト版(完全版の要約)

※志望動機の省略はNG、例:『職務経歴書に記載』ではダメ!

※志望動機の内容は、履歴書と職務経歴書で違ってはダメ!

志望動機は、採用担当者も注目します、『なぜ我社を選んだのだろうって』気になりますよね!

志望動機は、必ず履歴書と職務経歴書の両方に書きましょう!

 

履歴書と職務経歴書の違いを理解してから作成したほうがいいですよね!下の記事でわかりやすく説明してますので参考にしてください!

 

履歴書のサイズって2種類ある。どうやって選ぶのか、下の記事で説明してます。理由がありますよ!

 

履歴書や職務経歴書って書いてはいけないNGとか書くべきこと、予想もできないマナーがあります。下の記事を参考に完璧を目指してください。

今月の人気転職エージェントランキング

 

    1. doda(デューダ)
      非公開求人を含む10万件の求人数と、業界No.2の転職支援実績あり
      ※80%が狙い目の非公開求人。20代・30代におすすめの転職エージェント
       https://doda.jp/
       
    2. リクルートエージェント
      業界No.1の25万件以上の求人数と、業界No.1の転職実績
      ※80%が「非公開求人」で、優良なIT・WEB系の求人も多数。
       https://www.r-agent.com/
       
    3. マイナビエージェント
      大手で定番の転職エージェント
      ※約80%が非公開求人。20〜30代の転職サポートに強い!
       https://mynavi-agent.jp/
       
    4. ビズリーチ
      年収600万以上の人向け、8割以上がスカウトからの転職者
      ※管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化
       https://www.bizreach.jp/

それではまた。

 

人気記事

簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な転職サービスを診断する

30秒 無料転職診断で転職を成功させましょう。

仕事

Posted by cosm